TEAM NACS 戸次重幸による初小説『ONE』、発売日決定!

PR TIMES / 2013年12月6日 10時31分

メディアファクトリー ブランドカンパニー

この度、株式会社KADOKAWA メディアファクトリー ブランドカンパニーでは、戸次重幸による初小説+舞台『ONE』の戯曲・インタビューをまとめました書籍『ONE』を、2014年1月31日(金)に発売することが決定致しました。




初の小説執筆!一人舞台『ONE』とのコラボ企画!ロングインタビューも収録!


“日本一チケットがとれない”演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバー・戸次重幸の一人舞台『ONE』。本書はその舞台とのコラボ企画書籍。オムニバス構成の舞台のサブストーリーとなる6つの短編を、戸次重幸が過去「ダ・ヴィンチ電子ナビ」で連載(2013年4月5日~)。その書き下ろし小説と舞台の戯曲、そして1万5千字にも及ぶロングインタビューを本書に一挙収録。
短編のひとつ「チケットノルマ」は、“チケットさばき”に追われる劇団員の物語。主人公の男は、公演チケットを売りさばく中で、ある疑問を抱く。「俺は何故、演劇を続けているのか?」。夢を追ってるのか? はたまた「夢」とは「普通になりたくない」だけのことなのか?普通になりたくないから演劇に「逃げて」いるのではないか。気づかぬうちに自ら心に蓋をしていた「答え」を受け止めた末、劇団のために彼が下した決断とは……? 
自らもTEAM NACSに所属する戸次本人が「これはドキュメンタリー」と語るほど、劇団事情のリアルさを織り交ぜた一編のほか、他人のSNS会話を盗み見る男、召喚された悪魔が人間の愛を知る物語など、多彩な一冊に。
みんな、そんなに偉くない。でも偉くない人たちで社会は成り立っている。戸次重幸がこの一冊に描いたのは、そんな“しようがない”愛すべき人たち。ほろ苦くて、軽快で、舞台を愛する全ての人に贈りたい13のストーリー。


チケット即完売!全国7箇所で上演の一人舞台『ONE』!

全国で1万2千人を動員する戸次重幸一人舞台TEAM NACS SOLO PROJECT『ONE』。前売券は発売日に即日完売となった。その舞台『ONE』とのコラボ書籍である本書の小説を読めば、観劇中、そして観劇後に「はっとする」「つながる」瞬間が満載。また舞台の戯曲も完全収録されているので、舞台を観なくとも、同じ体感ができる一冊に仕上がっている。もちろん本書と舞台、どちらか一方だけでも『ONE』を堪能できる。
『ONE』というひとつの作品が、小説版と舞台版で「視点を変えて」楽しめる、“2度、面白い”本。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング