今年のナンバー1ミステリー決定! 法月綸太郎『ノックス・マシン』が「このミス」第1位に!

PR TIMES / 2013年12月9日 12時38分

角川書店 ブランドカンパニー



本日、ミステリー&エンターテインメント小説のランキングBOOK「このミステリーがすごい! 2014年版」(宝島社)が発売され、国内編の第1位に法月綸太郎氏『ノックス・マシン』が選ばれました。

『ノックス・マシン』は今年の3月に発売されたミステリー中篇集で、発売直後からミステリー評論家の間で絶賛を浴びた作品です。


【ミステリ界驚愕&喝采の声を一部紹介します】

まさに“血(知)湧き肉躍る”エンターテインメントだ
――村上貴史氏(「ダ・ヴィンチ」6月号)

中でも「論理蒸発――ノックス・マシン2」は、感涙すら誘う恐るべき傑作
――千街晶之氏(「SFマガジン」6月号)

本格ミステリ、本格SF、両ジャンルの歴史に残る必読の傑作
――大森望氏(「本の旅人」4月号)


また、『ノックス・マシン』は先月発表された「ミステリが読みたい! 2014年版」(早川書房)の国内篇第1位も獲得しており、今年のミステリーランキングにおいて2冠を獲得することになりました。
名手・法月綸太郎が放つ究極の知的エンタテインメント、ぜひこの機会にお読み下さい!


【書誌情報】

法月綸太郎『ノックス・マシン』

角川書店より絶賛発売中!

上海大学のユアンは国家科学技術局からの呼び出しを受ける。彼の論文の内容について確認したいというのだ。その論文のテーマとは、イギリスの作家ロナルド・ノックスが発表した探偵小説のルール、「ノックスの十戒」だった。科学技術局に出頭したユアンは、想像を絶する任務を投げかけられる……。
発表直後からSF&ミステリ界で絶賛された表題作「ノックス・マシン」、空前絶後の脱獄小説「バベルの牢獄」を含む、珠玉の奇想中篇集。

【価格(税込)】1575円【体裁】四六判上製


【『ノックス・マシン』公式サイト】 http://www.kadokawa.co.jp/knox/


【著者紹介】法月綸太郎(のりづき・りんたろう)
1964年松江市生まれ。京都大学法学部卒。在学中は京大推理小説研究会に所属。88年に『密閉教室』でデビュー。2002年「都市伝説パズル」で日本推理作家協会賞短編部門を受賞。05年『生首に聞いてみろ』で「このミステリーがすごい! 2005年版」国内篇の第1位を獲得。同書は本格ミステリ大賞を受賞。他著に『頼子のために』『一の悲劇』『ふたたび赤い悪夢』『キングを探せ』など。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング