「ぐるなび」のタブレット端末による交通系電子マネー決済がJR東日本に続き JR北海道、JR東海、JR西日本、JR九州の各エリアでも利用可能となりました。

PR TIMES / 2014年4月2日 14時18分

◇2013年5月にJR東日本エリア内における交通系電子マネー決済を可能にした「ぐるなび」Android(TM)搭載
 タブレット型端末がJR北海道(Kitaca)、JR東海(TOICA)、JR西日本(ICOCA)、JR九州(SUGOCA)の各エリアでも
 利用可能になりました。
◇「ぐるなび」と「JR各社」は連携して交通系電子マネーの加盟店を拡大に努めてまいります。




株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎、以下「ぐるなび」)と
北海道旅客鉄道株式会社(本社:北海道札幌市中央区、代表取締役社長:島田修、以下「JR北海道」)、
東海旅客鉄道株式会社(本社:愛知県名古屋市中村区、代表取締役社長:柘植康英、以下「JR東海」)、
西日本旅客鉄道株式会社(本社:大阪府大阪市北区、代表取締役社長:真鍋精志、以下「JR西日本」)、
九州旅客鉄道株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:唐池恒二、以下「JR九州」)は、
本日より「ぐるなびPRO認証システム3.0」交通系電子マネー決済オプションを全国のJR各社のエリアで利用可能にしました。ぐるなび加盟店が「ぐるなびPRO認証システム3.0」交通系電子マネー決済オプションを導入することで、交通系電子マネー決済が可能となりました。

ぐるなびとJR各社は「ぐるなびPRO認証システム3.0」を通じて交通系電子マネーの加盟店の拡大に努めてまいります

1 「ぐるなびPRO認証システム3.0」の交通系電子マネー導入メリット

■お客さま
・交通系電子マネーがご利用いただけることで決済手段が増えました。

■ぐるなび及びぐるなび加盟店
・従来JR東日本エリアのみ利用可能だった交通系電子マネーによる決済が日本全国の「ぐるなびPRO認証システム3.0」加盟店舗でご利用可能になりました。

■JR各社
・外食業界に強みを持つ「ぐるなび」と連携することにより飲食店における交通系電子マネーの加盟店拡大が可能となりました。

2 「ぐるなびPRO認証システム3.0」の特徴

・2013年3月にJR東日本エリア内における交通系電子マネー決済を可能にした「ぐるなび」Android(TM)搭載タブレット型端末がJR北海道(Kitaca)、JR東海(TOICA)、JR西日本(ICOCA)、JR九州(SUGOCA)、の各エリアでもご利用可能になりました。
・全国10,000店舗のぐるなび加盟店に既導入の「ぐるなびPRO認証システム」のサービス拡充となります。
・従来JR東日本エリア外で「ぐるなびタッチ(旧端末)」もしくは「ぐるなびPRO認証システム3.0」設置店舗が交通系電子マネー決済を希望する場合には、「ぐるなびタッチ(旧端末)」もしくは「ぐるなびPRO認証システム3.0」と「交通系電子マネー決済用端末」がそれぞれ必要でしたが、今後は「ぐるなびPRO認証システム3.0」の1セットで「ぐるなび」のポイントサービス利用と交通系電子マネー決済が可能となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング