「大型施設用床振動解析システム」共同開発

PR TIMES / 2014年7月30日 10時56分

シナジー開発第二弾

 株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:上田卓司、以下「フジタ」)と大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、物流施設や工場などの設計段階で、床振動を短時間かつ高精度に解析できるシステム「大型施設用床振動解析システム」を共同開発しました。
 「大型施設用床振動解析システム」は、両社が2014年2月、共同開発した中低層建物向け耐震部材「鋼製座屈拘束ブレース」に続くシナジー開発第二弾となります。




 今回両社が共同開発した「大型施設用床振動解析システム」は、フジタが開発した床振動解析システム「揺れイザーI」、「揺れイザーII」(※1)をベースに開発したものです。床振動解析に有限要素法(※2)を採用することで、従来のシステムでは解析が難しかった、鉄骨と鉄筋コンクリートを混合した特殊な梁や開口のある床など、様々な構造でも床振動を解析することができます。
 また当システムは、図面を作成するだけで解析することができ、さらに床の振動を3次元アニメーションで表示できるため、初めてシステムを使用する場合でも入力・解析・結果の表示まで短時間で行うことができます。
 今後両社は、共同開発した「大型施設用床振動解析システム」を物流施設や工場、医療施設、オフィスビルなどの設計段階や大規模リフォームを行う際の提案などに積極的に活用していく予定です。
 ※1. 前田建設工業株式会社との共同開発
 ※2. コンピューターで、複雑な構造物の変形・振動などを数値的に解析する手法

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング