中高一貫校・新中1生対象「学習ガイダンス」入試改革に取り組む、東京大学が求める学生像は?副学長・入試企画室長の福田裕穂教授が講演

PR TIMES / 2014年2月18日 14時44分

3月8日、22日、東京大学本郷キャンパス「福武ホール」で開催

 株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、代表取締役社長:明田英治)の難関私立中高一貫校生向けの通信講座「進研ゼミ 難関私立中高一貫講座」は、3月8日、22日、東京大学本郷キャンパス「福武ホール」にて、「中高一貫校入学予定者向け学習ガイダンス」を開催します。プログラム冒頭では、「世界で活躍する人材を育てるための、東京大学の取り組みとこれからの大学入試のあり方」という演題で、東京大学で副学長・入試企画室長を務められる福田裕穂教授に講演いただきます。(3月22日の福田教授の講演は、3月8日の録画です。)



 「進研ゼミ 難関私立中高一貫講座」は、中高一貫校に通学する生徒を対象とした通信教育講座です。2004年の開講以来、大学受験に向けて、また、大学入学後も必要になる「自学自習習慣」の確立に重きを置き、教材を提供してきました。2013年3月には、中高一貫校への入学を予定している生徒と保護者を対象として、「自学自習習慣」の確立のために重要な「中1・1学期」のスムーズなスタートのための「学習ガイダンス」を初めて開催しました。


 2年目となる2014年度入学者を対象とした「学習ガイダンス」では、「自分で考え、行動できる人材」の育成を狙いとした入試制度改革に取り組まれている、東京大学の福田裕穂教授をお招きすることとなりました。東京大学の入試改革の背景にも触れながら、中学・高校で求められる学びについて講演いただきます。あわせて、ベネッセグループの予備校である「お茶の水ゼミナール」より、大学入試を見据えた学習法や変化する入試の基礎知識を、また、難関大学に通う現役大学生からは、中高一貫校での生活の体験談などの情報提供を行います。


「中高一貫校入学予定者向け学習ガイダンス」詳細内容
1.日時
 2014年3月8日(土) 10:00~13:30
 2014年3月22日(土) 10:00~13:30 (福田教授講演は3月8日の録画上映)

2.場所
 東京大学本郷キャンパス 福武ホール
 交通アクセス:
  都営大江戸線 本郷三丁目駅 徒歩7分、
  東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目駅 徒歩8分、
  東京メトロ千代田線 湯島駅 徒歩20分、
  東京メトロ南北線 東大前駅 徒歩10分
 http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング