海外トップ大進学塾「RouteH」(ルートエイチ)が、ハーバード大生・院生と日本の高校生との交流会を今年も開催

PR TIMES / 2014年2月20日 11時30分

3月20、21日、震災復興、リーダーシップなどテーマにディスカッション 3月14日まで、高校1・2年生の参加募集中

 株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、以下:ベネッセ)が運営する、海外トップ大進学希望者向け進学塾「RouteH」(ルートエイチ)は、3月20日、ハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学院)生25名と、3月21日、ハーバード大学学部生12名と、それぞれ、日本の高校生40名との交流会を開催します。いずれも、来日プログラムの中で日本の高校生とのコミュニケーションの場を持ちたいという大学生、大学院生の思いと、グローバルな活躍を志す高校生のモチベーションアップの支援をしたいベネッセの思いが一致したことにより、実現しました。過去の参加者からの好評を受けて、ケネディスクール生との交流会は一昨年度からの3回目、学部生との交流会は今年度で8回目の開催となります。3月14日まで、高校1・2年生の参加を募集中です。

 ハーバード大ケネディスクール生の来日(Japan Trip)は、同スクール日本会の企画によるものです。将来、それぞれの国を背負って立つ学生たちに、東日本大震災の被災地を直に見てもらう機会への支援を行い、日本についてより深く様々な角度から理解をしてもらうために、一昨年度、初めて実施したものです。一方、ハーバード大学部生の来日は、HCAP(Harvard College in Asia Program:アジアにおけるハーバード大プログラム)という、アジア各国との相互理解を促進することを目的として2003年に設立された、ハーバード大学に本部を置く学生主体の団体の主催によるものです。毎年、アジアの大学から5校程度が選考され(日本からは東京大学が定例参加)、将来、世界のリーダーとなる学生達をつないで、未来に向けたパートナーシップを築くことを目的としています。

 交流会プログラムでは、オールイングリッシュでのディスカッションが中心となります。今回の日本訪問でも、大学院生が、被災地を訪問することも踏まえ、復興の現状の情報共有やこれからの復興のためにできることがテーマの一つとなります。

 昨今、「内向き」と呼ばれることが多い日本の高校生ですが、ベネッセでは、この数年で海外大進学者が増加に転じていると推定しています。継続して開催している当交流会でも、ハーバードの大学生・大学院生と臆せず会話をする高校生の姿が見られ、「新しい日本の高校生像」がかいま見えています。今年度の交流会にも、志の高い高校生が積極的に参加されることを期待しております。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング