中国に「ゴルフ科学センター」を開設

PR TIMES / 2012年9月3日 15時59分



 ダンロップスポーツ(株)(本社:神戸市、社長:野尻 恭)は、このほど中国江蘇省常熟市に「スリクソンゴルフ科学センター」を開設します。この施設は市場が拡大しつつある
中国及びアジア向けのゴルフクラブを中心とした商品開発のためのデータや情報を収集するものです。
 なお9月12日には、取引先や政府および報道関係者を招いて開所式を行う予定です。

 このほど開設する「スリクソンゴルフ科学センター」は、テストフィールドで試打計測を行う施設で、スイング時のヘッドスピードやゴルフボールの初速、打ち出し角、バックスピン量、弾道などを高い精度で計測することができます。
 この施設には、ゴルフ練習場が併設されているため、練習場を訪れる一般ゴルファーの試打データの解析も必要に応じて行います。当社はこれらのデータを元に、現地のゴルファーに合ったクラブやボールの開発を進め、拡販に取り組みます。
 当社は2009年に中国に販売子会社を設立し、日本で販売好調な「ゼクシオ」ゴルフクラブをはじめ、「スリクソン」や「クリーブランドゴルフ」のゴルフ用品の拡販に努めてきました。また中国人プロゴルファーの呉阿順(ウー・アシュン)選手や李超(リー・チャオ)選手とゴルフボールなどの使用契約を締結するなど、ブランドや商品の浸透を図っています。
 今回のゴルフ科学センター開設により、今まで以上に現地ニーズに即した商品開発を進めることができるようになります。

■スリクソンゴルフ科学センターの概要
所在地:中国江蘇省常熟市
(販売子会社のChangshu Srixon Sports Co., Ltd.内)
操業開始:2012年9月
業務内容:試打計測、各種テスト
敷地面積:27,000m2
コース全長:180ヤード(約165m)



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング