海外ECバイヤーを1,000名以上招聘「海外ECバイヤー商談会」出展社の募集開始

PR TIMES / 2019年6月10日 15時40分

応募期間:6月10日(月曜)~7月7日(日曜)

独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構、所在地:東京都港区、理事長:豊永 厚志)と一般社団法人 中小・地方・成長企業のためのネット利活用による販路開拓協議会(略称:ネッパン協議会、所在地:東京都千代田区、代表理事:鉢嶺 登)は、9月9日(月曜)に、越境ECを活用した海外展開に取り組もうとする中小企業・小規模事業者(以下、「中小企業等」)向けに「越境EC“まるごと”フェスティバル2019」を開催します。

今年度は、越境EC(BtoC)において特に進出が難しい商材分野・対象国を中心に、海外ECバイヤーとの商談(BtoB)の場を提供する「海外ECバイヤー商談会」を新たに設け、100社分の出展ブースを提供します。

ついては、以下のとおり本商談会への出展社を募集します。

<海外ECバイヤー商談会 出展社募集について>
応募期間:6月10日(月曜)~7月7日(日曜)
申込方法:Webサイトから申込( https://internet-utilization.or.jp/project-jcbc/event
内容:海外ECを販路に持つバイヤーを1,000名以上招き、中小企業等とのマッチングを商談会形式で行います。当日は通訳サポートのほか、実演販売会や海外インフルエンサーによるライブコマースを活用した商品PRなどさまざまなコンテンツも提供します。
出展社分野:化粧品、化粧品関連雑貨、理美容器具、健康食品、食品を取扱う中小企業等
出展社数:100社程度
出展料:無料
参加バイヤー:海外ECバイヤー1,000名以上(予定)

<越境EC“まるごと”フェスティバル2019開催概要>
内容:越境ECを活用した海外展開に取り組もうとする中小企業等に対して、越境EC支援事業者とのマッチングや越境EC出店に関する講座、体験型ワークショップ等のコンテンツを提供します。
日時:9月9日(月曜)10:00~17:00(受付9:30~)
会場:ベルサール新宿グランドコンファレンスセンター5階
出展社:越境EC支援事業者(40社程度)
参加対象者:中小企業者等(定員:800名程度)
募集方法:7月中旬公開予定

<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、日本の中小企業政策の総合的かつ中核的な実施機関として、全国の中小企業への支援をトータルで行う経済産業省所管の独立行政法人です。生産性向上や事業承継など様々な課題を抱える中小企業に対して、販路開拓、海外展開、人材育成、事業引継ぎ、その他経営面での助言、情報提供、並びに共済制度、ファンドを通じた資金提供など多様な支援を実施しています。

<一般社団法人中小・地方・成長企業のためのネット利活用による販路開拓協議会(ネッパン協議会)>
ネッパン協議会は、日本の中小・地方・成長企業のために、ネット利活用による販路開拓支援・企業連携の創出を行うことにより、日本全国への展開や世界進出を支援する一般社団法人です。日本全国・各地域の金融機関や自治体等と共に中小・地方・成長企業に対して販路開拓・売上拡大施策を中心とした総合的な支援を実施しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング