小型モジュラー原子炉(SMR)市場―世界の業界分析、サイズ、シェア、成長、トレンド、および予測2019-2029年

PR TIMES / 2020年10月8日 10時15分

Kenneth Researchは調査レポート「小型モジュラー原子炉(SMR)市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年10月 07日に発刊しました。市場調査には、さまざまな要因と分析ツールに基づく製品の需要と市場の分析が含まれます。市場は予測期間中に重要なCAGRで成長すると予想されます。これは、世界規模でのエネルギーおよび電力業界の成長に起因する可能性があります。

調査レポートの詳細内容について
https://www.kennethresearch.com/report-details/small-modular-nuclear-reactor-market/10335696




[画像: https://prtimes.jp/i/59861/412/resize/d59861-412-550112-0.jpg ]


小型モジュラー原子炉(SMR)は、従来の原子炉よりも小型の携帯型原子炉の一種です。それは施設/工場で製造され、完全に建設されるために現場に運ばれます。小型モジュラーリアクター(SMR)は、柔軟で手頃な価格の発電源です。小型モジュール式原子炉(SMR)の需要は、廃止された石炭火力発電所の代わりにブラウンフィールドサイトに配備されたことによって推進されています。これらの単位は非常に大きい場合があり(90%以上が500メガワット電気(MWe)未満)、一部は50メガワット電気(MWe)未満です。したがって、小型モジュラー原子炉(SMR)をグリーンフィールドプロジェクトではなくブラウンフィールドサイトに配備すると、資本コストを削減できます。

小型モジュラーリアクター(SMR)市場:トレンドと需要

人口の急増、電力需要の高さ、有害な排出物を最小限に抑えるための厳格な政府規制の実施により、原子力の需要が高まっています。原子力はクリーンで信頼できるエネルギー源です。全体のエネルギー安全保障において重要な役割を果たすことが期待されています。これは、原子力事業への投資を促進しており、近い将来、小型モジュール式原子炉(SMR)を配備するためのプラットフォームを提供すると推定されています。SMRは、従来の原子力発電所よりも資本集約的ではありません。

地域と容量(MWe)の観点から、中国は世界の小型モジュール式原子炉(SMR)市場で大きなシェアを占めています。現在、インド(PHWR-220)、中国(CNP-300)、およびロシア(Siberia- EGP-6)には、アクティブな小型モジュール式原子炉(SMR)プラントがあります。世界的に、SMRのプロトタイプテスト/ライセンス供与/商品化に関して40以上の計画されたプロジェクトがあります。これらの原子炉の短期的な配備のほとんどは、ロシア、中国、および米国で計画されています。

小型モジュール式原子炉(SMR)の開発は、中小企業を含む民間投資を伴う西側諸国で進んでいます。これらの新しい投資家の関与は、政府資金による核研究開発から民間部門主導の研究開発への大きな転換が起こっていることを示しています。その目的は、二酸化炭素を排出せずに、手頃な価格のクリーンエネルギーを導入することです。

米国には99基の原子炉があります。これは世界のどの国でも最高です。しかし、米国エネルギー省によると、米国では2020年までにさらに22%多くの電力が必要になるとのことです。これは、核廃棄物管理サービスの需要を推進し、それによって今後数年間で米国のSMRへの投資を増大させると推定されています。

米国エネルギー情報局によって記録された統計によると、太陽光発電と風力エネルギーへの投資は、米国で2010年から2018年にかけて約15%増加しました。業界でのこの増加した支出は、地域およびこのセクターでの企業調達の増加の結果として観察されると予測されています。

人口の増加と世界中での経済発展、および他のセクターの中でも特に住宅用および商業用のエネルギー需要の増加により、小型モジュラー原子炉(SMR)市場は今後数年間で顕著な成長が見られると予測されています。IEA(国際エネルギー機関)による分析によると、エネルギー需要は、2018年に世界で4%増加し、米国、中国、インドから発生した最高のエネルギー需要(約70%)がありました。さらに、世界中のさまざまな権威団体が、エネルギー生成からのCO2排出を抑制するために、環境にやさしいソリューションの採用に関する意識を高め、イニシアチブを提供しています。IEA(国際エネルギー機関)によると、エネルギー関連の炭素排出量は2010年の30 Gt(ギガトン)から2019年の33 Gtに増加しました。気候変動と環境悪化に関する意識の高まりにより、多くの製造業者が持続可能なエネルギー戦略を実施し、環境にやさしい発電技術に非常に投資するように促しています。これはさらに、世界中のさまざまな国の間で持続可能な開発を促進すると推定されます。これらは、エネルギーおよび電力セクターの成長を促進するいくつかの要因です。

主要企業
小型モジュラー原子炉(SMR)市場の主要なキープレーヤーは Bechtel Corporation、BWX Technologies Inc.、General Electric Hitachi Nuclear Energy、Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.、Toshiba International Corporation、General Atomics、Holtec International、Nuclear Power Corporation of India Limited (NPCIL)、Rolls Royce Plcなどです。主要な企業によって採用された戦略の詳細な分析が提供されます。

小型モジュラー原子炉(SMR)市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10335696

小型モジュラー原子炉(SMR)市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。


レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング