盛り上がり曲だけじゃない!金爆がファンの心を掴む魅力がここに…!「ゴールデンボンバーの泣ける歌」ランキングTOP10発表!

PR TIMES / 2014年11月14日 11時36分



ゴールデンボンバーといえば、代表曲『女々しくて』のノリのよい曲調や独特な振り付けによる鮮烈なインパクトから、底抜けに明るく、カラオケでも盛り上がれる曲が多いというイメージをお持ちの方も多いはず。でも実は、そのイメージに反して、胸にジーンと沁みる「泣ける歌」も数多く輩出しているアーティストなのです。

JOYSOUNDでは、そんな隠れた名曲の数々にスポットをあて、ゴールデンボンバーに秘められた魅力をさらに掘り起こすべく、ファンのみなさんから募集した「ゴールデンボンバーの泣ける歌」をランキングとして本日11月14日(金)発表します。ファンの皆さんから寄せられたエピソードと共に「ゴールデンボンバーの泣ける歌」TOP10をご覧ください。
(募集期間:2014年10月20日 ~ 11月7日12時 投稿総数:3,121件)


【「ゴールデンボンバーの泣ける歌」ランキング】

1.片想いでいい
2.広がる世界
3.らふぃおら
4.泣かないで
5.忙しくてよかった
6.春が来る前に
7.あしたのショー
8.さよなら冬美
9.イヤホン
10.101回目の呪い


1位 片想いでいい
「本当はめっちゃ好きやのに片想いでいいって強がっている歌詞とか、泣きそうな歌声とか…初めて聴いた時号泣。」(24歳 女性)
「出だしの鬼龍院さんの話しかけるような歌声からの「つらくはないよ」と強く歌い出すところ!また歌詞も自分の恋愛と似ていて、自分に当てはめて聴いています(T_T)」(15歳 女性)

最新作『ローラの傷だらけ』のカップリングとして収録されている『片想いでいい』が堂々の1位に!少し強がりで切なすぎる歌詞はもちろん、鬼龍院 翔さんの泣きそうな歌声や、ライブでの感情がこもった熱唱ぶりに涙するといった意見も多く寄せられました。

2位 広がる世界
「学校の事で色々嫌になっていた時にこの曲を聴いて、元気をもらいました。」(13歳 女性)
「歌詞ひとつひとつにハッと気づかされ、自分の生き方を深く考えさせられる一曲。しかし決して暗い気分にさせられるのではなく、明日も頑張って生きよう、という希望が湧いてくる最高の曲なんです!!」(20歳 女性)

生きる事の大切さを改めて感じさせてくれる一曲。「この歌に何度も救われた!」というエピソードも複数寄せられました。つまずいて心が折れそうになってしまったときには、この曲を聴いて自分自身と向き合ってみてはいかがでしょうか。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング