株式会社ケイブ、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 箱庭育成ソーシャルゲーム 『くにつく for dゲーム』 「dゲーム(TM)」第1弾ソーシャルゲーム開始

PR TIMES / 2012年10月12日 18時6分



この度、エンターテインメント事業を展開する株式会社ケイブ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:高野健一 JASDAQコード:3760、以下ケイブ)は、位置情報を活用した箱庭育成ソーシャルゲーム『くにつくfor dゲーム』を、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモが運営する「dゲーム(TM)」   第1弾ゲームタイトルとして提供することを決定いたしました。

引き続きケイブでは、自社のオンラインコンテンツのノウハウを活かし、楽しいコンテンツをソーシャルネットワークサービスへ対して提供してまいります。



*「dゲーム」は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの商標または登録商標です。

■くにつくfor dゲームの主な特徴


本ゲームは、箱庭の育成を主目的とします。
箱庭を操作できる範囲が画面いっぱいに広がり、より自由自在な育成を楽しむことが可能です。また、建物一つ一つのグラフィックも従来コンテンツより大きくなり、緻密でリッチな箱庭育成をお楽しみいただけます。


農業、狩猟、漁業など、テクノロジーのレベルを上げると、新しい建物、テクノロジーがアンロックされます。集めた建物で世界の街を再現しよう。
            
 
ゲームのナビゲートを行うキャラクターも、ゲームの進行状況によって姿形が変化します。
     

歴史上活躍した偉人達がカードになって登場。その数は250種類以上。


■ゲーム概要
タイトル :「くにつくfor dゲーム」
利用料 :基本プレイ無料、アイテム課金制

■本件に対するコピーライト表記
(C)CAVE Interactive CO.,LTD.

■株式会社ケイブ
株式会社ケイブは、趣味性の高いコンテンツを企画・制作・運営するエンターテインメント事業を展開しています。「ケイブが創ると未来はもっと楽しくなる」というコンセプトのもと、エンターテインメントを通じた豊かで魅力的なライフスタイルを提案してまいります。 (http://www.cave.co.jp/)


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング