シングルユースの新しい読書スタイル 【カドカワ・ミニッツブック】シリーズ、第2弾発売!

PR TIMES / 2013年4月25日 10時30分

スマートフォン・タブレットに最適な角川グループのデジタル専用レーベル



好きなものを単品で買う、自分だけのプレイリストを作る、区切られた時間を有効活用する、というシングル購入ライフスタイル。音楽配信では定着した感があります。厚い本を思う存分読むのも読書の醍醐味ですが、15分のスキマ時間で電子書籍を読むのも、時間を有効活用する新しい読書スタイルです。

角川グループのデジタル戦略会社である、株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)は、電子書籍のシングルコンテンツを角川グループ横断レーベルでスタートさせました。角川グループ各社が参加し、IT、ビジネス、エンターテインメント、実用、カルチャーなど、多彩なジャンルの作品を配信していきます。

雑誌の特集以上~新書未満のシングルコンテンツ。通勤通学、待ち合わせ、美容院など・・・ちょっとした時間に、分量も価格も最適な電子書籍を揃えました。大好評の【カドカワ・ミニッツブック】第2弾ラインナップをぜひご紹介ください。


第2弾ラインナップ ※【読了想定時間は600字=1min で算出】【希望小売価格/円】
【4月25日発売】5点
■「別冊カドカワremix KREVA×後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)特別拡張対談」【30min】【230】
■「女はなぜダメ男に魅かれるのか? 日本レンアイ文学のすすめ1.」柴門ふみ【40min】【230】
■「9 th Note/Senri Oe II 痛み分けはジャズの味」大江千里 【20min】」【150】
■「スグに役立つ! ON&OFFマナーブック」田川ミユ【50min】【81】
■「全部無料で毎日がはかどるライフハックAndroid アプリおすすめ超厳選10」中山智【30min】【150】
【5月2日発売】2点
■「最強ニュースサイト『ハフィントン・ポスト』日本上陸! 日本版編集長が語る『売れるメディア』の作り方」松浦茂樹【43min】【230】
■「子どもたちは電子羊の夢を見るか?1.0歳からはじまるデジタル教育」石戸奈々子【45min】【300】


カドカワ・ミニッツブックの特徴
・ 30分前後で読めて、しかも満足感のある内容。
・ 1分間=600字を目安とした読了想定時間を明示。
・ 100~500円以内のワンコインで買える、手に取りやすい価格帯。
・ 角川グループ各社が参加することによる充実した内容の作品群。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング