1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

価格.com、「電気料金」に関する調査結果を発表!

PR TIMES / 2015年11月9日 13時29分



[画像: http://prtimes.jp/i/1455/416/resize/d1455-416-129608-0.jpg ]



------------------------------------------------------------------------
「電力小売り自由化」の認知率は95.7%、「安くなるなら切り替え検討」が8割
切り替え検討目安は、「値下がり率10~20%」と6割の人が回答
電力会社選択の重視ポイントは「料金の安さ」(60.1%)がトップ!
~一部消費者では、現時点での情報不足により、手続きや会社選びなどに不安の声も~
------------------------------------------------------------------------
カカクコムが運営する購買支援サイト「価格.com(カカクドットコム): http://kakaku.com/ 」では、「電気料金」に関するアンケート調査を実施しました。2016年4月に始まる電力小売り自由化(※)の認知度や、電力会社の切り替え意向、切り替え時の重視ポイントなどについて聞きました。結果を一部抜粋してお届けします。
グラフ・総評レポート(PDF): http://prtimes.jp/a/?f=d1455-20151106-1741.pdf

【結果ダイジェスト】
●電力小売り自由化の認知度:「聞いたことがある」が90%超、内容を把握している割合は約4分の1にとどまる
●電力会社の切り替え意欲:8割以上が「検討したい」と回答
●電気料金がどの程度下がれば電力会社を切り替えるか:「10%~20%」が最多。「1割以上」が全体の約6割を占める
●検討したくない理由:会社の選び方や手続きなど、現時点で提供情報の少ない項目があがる
●電力小売り自由化で不安に感じること:「切り替え手続きの面倒さ」が最多
●電力会社を切り替えるきっかけ:「比較サイトを通じて価格差を認識したとき」が最多
●現在の月々の電気代:5,000~11,000円がボリュームゾーン。約9割が「高い」と回答

【調査パネル】
調査エリア:全国 調査対象:価格.comID 登録ユーザー
調査方法:価格.comサイトでのWebアンケート調査
回答者数:4,051人
調査期間:2015年10月20日~2015年10月26日
調査実施機関:株式会社カカクコム ※四捨五入による端数処理のため合計が100%にならないことがあります。

▼アンケート結果、および過去の調査アーカイブはこちらのページでもご覧いただけます
http://kakaku.com/research/backnumber.html

▼「価格.com電気料金比較」: http://kakaku.com/energy/
電気料金プランのシミュレーション機能や、家電の「電気代チェッカー」、また電力自由化に関するニュース、電気料金の節約術など充実した情報を提供しています。来年の電力小売り自由化に合わせて、今後は新電力の料金プラン比較も提供する予定です。
電力自由化についての説明ページ: http://kakaku.com/energy/articlegroup/?en_articleGroup=1

【価格.comサイトデータ】(2015年9月現在)
月間利用者数4,729万人、月間ページビュー8億2,824万PV、累計クチコミ件数約1,900万件
<月間利用者数の内訳>PC:2,468万人 スマートフォン:2,229万人 モバイル:32万人

データの引用・転載時のクレジット表記について
本調査結果の引用・転載の際は、必ずクレジットを明記くださいますようお願い申し上げます。
クレジット表示例
・「価格.com」調べ
・購買支援サイト「価格.com」が実施した調査によると…

【株式会社カカクコム 会社概要】
所在地:東京都渋谷区恵比寿南3丁目5番地7 デジタルゲートビル
代表取締役: 田中 実
事業内容:サイトの企画運営
当社運営サイト: http://corporate.kakaku.com/company/service


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング