『転職活動期間に関する調査』 3ヶ月以内に転職活動が終わる方の割合は、 20代は9割、30代は8割、40代は6割、50代は3割に ー「エン転職コンサルタント」コンサルタントアンケート集計結果ー

PR TIMES / 2014年12月18日 12時59分

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人材紹介会社集合サイト『エン転職コンサルタント』( http://consultant.en-japan.com/ )上で、転職コンサルタント130名を対象に「転職活動期間」についてアンケート調査を行いました。以下、概要をご報告します。



■調査結果概要

一斉に入社時期が決まっている新卒の就職活動と異なり、転職活動は決まったゴールがありません。ここまでには転職をしていたい、そもそもどのくらい期間が必要なのか見当がつかないという方のために、転職活動支援のエキスパートである転職コンサルタントに「転職活動期間」の実態を伺いました。

転職先が決定するまでの期間は「3ヶ月以内」と答えた転職コンサルタントが8割に迫りました。内訳を見ると、年代や職種別では異なる傾向があります。年代別では20代は9割、30代は8割以上の方が「3ヶ月以内」に転職先が決まると回答している一方、40代は6割、50代では3割にまで減少します。職種別では需要が拡大し続けている「IT技術者」がもっとも転職活動期間が短く、もっとも長いのは「経営・経営企画」といった事業の要を担うポジションです。また在職中と退職後で比較すると、退職後のほうが短期間の転職活動で終わる傾向にあるようです。転職活動期間の長短が発生する理由はそれぞれのため、計画通りに進めるためのポイントもご紹介いたします。


■調査結果詳細

1:転職活動期間は、3ヶ月以内が多いと75%の転職コンサルタントが回答。


「担当した求職者のうち、転職がきまるまでどのくらいの期間を要する方が多かったですか?」と転職活動支援のエキスパートである転職コンサルタントに伺ったところ、「1ヶ月半以内」が17%、「3ヶ月以内」が58%とほとんどの方が、求職者は転職活動開始から3ヶ月以内に次の転職先を決めていると回答しました。


2:年代が上がると転職活動は長期化しやすい傾向に。


「求職者の年代ごとに、転職が決まるまでどのぐらいの期間を要する方が多かったか教えてください」という質問では、20代は「1ヵ月半以内」(42.9%)「3ヶ月以内」(47.6%)で9割超、30代も「1ヵ月半以内」(19.2%)「3ヶ月以内」(62.5%)で8割以上の転職コンサルタントが短期に終了すると回答しました。この数値は40代では6割、50代では3割にまで下がります。以前より、年齢だけで合否を判断する企業は減ったものの、年代が上がると企業から求められる能力・経験、求職者が必要とするポジション・年収のレベルが上がるため、長期化する傾向にあるようです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング