デジタル家電をあらゆる機器に、あらゆる場所で、常時接続するFaroudja(R)トランスコーディング技術を発表

PR TIMES / 2013年9月13日 10時24分

~テレビ放送事業者のタブレット / モバイル機器 / ノートPC / ネットワーク・テレビ向け新サービスの実現に貢献~

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーの
STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、ホーム・ゲートウェイ
から、住宅内の各種ネットワーク対応機器へ、あらゆるタイプのコンテンツを
配信可能にする業界初のトランスコーディング技術を発表しました。この新しい
トランスコーディング技術は、システム・オン・チップ(SoC)であるSTiH416
(Orly)、ならびにSTiH407 / STiH410 / STiH412(Monaco)にまず搭載され、
STの全てのホーム・ゲートウェイ向けソリューションの中核技術となります。

トランスコーディングとは、エンコードされたデジタル・ストリームを異なる
形式に変換するプロセスで、「Everything, Everywhere」という考え方に欠かせ
ないものです。このアプローチにより、処理能力やメモリ容量が不足した従来
機器を含め、有線・無線を問わず住宅内にある全てのネットワーク対応機器が、
各種放送・インターネット・サービスにアクセスできるようになります。今まで
のセット・トップ・ボックス(STB)やホーム・ゲートウェイ・システムは、
サポートされるトランスコード・チャネル数が制限されていたか、必要なチャネル
数に応じて専用トランスコーダ機器が別途必要でした。そのため、いずれのケース
においても、プログレッシブ対応ディスプレイをサポートするタブレットやモバイル
機器に視覚的影響を及ぼすデインターレーサなどの動画処理技術に関連した画質の
制約を受けていました。さらに、コンテンツがテレビ放送に限定されていたため、
JPEG、MJPEG、DivX、VP8、VC-1、WMVといった他の重要な形式のユーザ生成コン
テンツをストリーミングすることができませんでした。

STは、業界唯一のFaroudja(R)トランスコーディング技術により、こうした制約
を解決しました。ホーム・ゲートウェイ機器において、デインターレーサと
ポスト処理を上手く組み合わせたFaroudja技術を活用することで、IP接続機器で
コンテンツを非常に高画質で表示させることができます。同技術は、STのチップ
セットに実装され、オープン規格であるGStreamerに基づいてSTが開発した
新しいソフトウェアによりサポートされます。この革新的ソリューションにより、
多くの受信データ形式のH.264へのリアルタイム変換が可能になります。そのため、
ユーザは、タブレット、モバイル機器、ノートPC、ネットワーク接続型TVなど、
住宅内のあらゆるネットワーク対応機器で、テレビ、Web閲覧、ゲームといった
サービスを楽しむことができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング