「充実ネクストライフサポートプロジェクト」を本格始動(ニュースレター)

PR TIMES / 2014年9月12日 12時14分

■アクティブシニアの真のニーズを共に考える

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、超高齢社会におけるアクティブシニアの真のニーズを捉えるため、「充実ネクストライフサポートプロジェクト」を立ち上げ、その第一弾として、大和ハウスグループ各社の力を活かした「滞在型研修プログラム」を開始します。



 当プログラムは、当社のグループ会社である大和リゾート株式会社(本社:大阪市、社長:柴山良成)、スポーツクラブNAS株式会社(本社:東京都江東区、社長:柴山良成)、株式会社伸和エージェンシー(本社:大阪市、社長:大辻伸幸)の3社と当社が連携し、高齢期を見据えた50歳以上の方に対して「人と人とのつながり」を創出する滞在型の研修プログラムを提供するものです。大和ハウスグループ各社の特色を活かし、各社が提供するサービスの相乗効果により新たな価値を創造します。

1.プロジェクト開始の背景
 現在日本は高齢社会を迎え、4人に1人が高齢者(65歳以上)となっています。2060年には2.5人に1人が高齢者(※1)になる時代が到来します。高齢化が進む一方で、現在の高齢者の約8割以上が元気な高齢者(※2)となっています。
 また、内閣府による「平成26年版高齢社会白書」によると、今後の生活で「貯蓄や投資など将来に備える」より「毎日の生活を充実させて楽しむ」ことに力を入れたい人の割合は、50歳代で約6割、60歳代は約7割以上という調査結果も発表されています。
 そこで当社では、今後元気な高齢者の方々が「どう幸せに生きることができるのか」ということと向き合う必要があると考え、“人とのつながり”をテーマに「充実ネクストライフサポートプロジェクト」を立ち上げました。
 今後、多世代がつながる様々な「場」と「きっかけ」を提供し、高齢者のニーズを集約。次代の事業につなげていきます。
※1.内閣府「平成26年版高齢社会白書」
※2.厚生労働省「平成24年度介護保険事業状況報告」

2.「充実ネクストライフサポートプロジェクト」について
 当社グループ135社(※3)の横断的な事業・サービスを通じて、元気な高齢者の方々(アクティブシニア)の真のニーズを共に考え、具現化していくプロジェクトです。このプロジェクトで得た技術やノウハウ、アイデアを、高齢化や建物の老朽化など、多くの問題を抱える団地の再生等に活用していく予定です。
※3.2014年8月末現在。大和ハウス工業を含む。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング