【20周年を迎えた「たまひよ」が「男女で妊娠活動」を応援するプロジェクト「たまひよの妊活」】これからの「妊活」はカップルで!「たまひよ」が提案する男女で参加の「妊活セミナー」が人気

PR TIMES / 2014年4月10日 19時6分

~男女ともにセミナー参加満足度90%以上 さらに男性の96.9%が「セミナー参加がパートナーと話すきっかけになった」と回答~

株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、以下:ベネッセ)発行の月刊誌「たまごクラブ」「ひよこクラブ」(以下、「たまひよ」)は2013年10月15日、創刊20周年を迎えました。この20年間、赤ちゃんと家族を見守ってきた「たまひよ」は、この20周年を機に、「いつか赤ちゃんが欲しい」と願う男女双方の「妊活」応援活動を開始しました。



 第1弾として、3月13 日にムック本『妊活たまごクラブ』を発売しました。豊富なバックデータを活用し、女性だけでなく「男女の妊活」を提案し、夫婦やカップルで取り組んでもらうための提案や最新情報を提供しています。最近「妊活休業宣言」をされた森三中・大島美幸さんの緊急インタビューも収録しています。妊活に関する様々な疑問が解消する、男女ふたりで読んでほしい妊活スタートブックとなっています。

 また、3月26日には第1回「たまひよの妊活セミナー」を実施。会社帰りのカップルが多く集まり、アンケートには「夫婦で話す良いきっかけになった」「今後もカップルで参加できるセミナーをやってほしい」等の回答が寄せられました。セミナーの様子は「たまひよの妊活」特設サイトにて一般向けに公開しています。また今後に向けては、男女一緒に明るく前向きな妊活への取り組みを提案する情報発信やセミナー・イベント等を検討していきます。


◆スペシャルゲストの蛯原英里さんが夫婦の妊活体験談を披露。男女でお互いの理解を深めるためのワークも好評でした!


 「いつか赤ちゃんが欲しい」と願う男女を応援する「たまひよの妊活」プロジェクトの第1回セミナーが3月26日(水)19時から品川駅前のザ ランドマークスクエア トーキョーにて開催されました。窓の外には東京の夜景が広がる30階のセミナー会場には平日の夜ながら仕事を終えたカップル37組が集結。妊活に対する関心の高さが伺えました。
 スペシャルゲストの蛯原英里さん(チャイルド・ボディ・セラピスト)は『妊活たまごクラブ』にもインタビュー記事で登場。制作当時は妊活中でしたが、その後妊娠を発表され、セミナーでは妊活の先輩として体験談を披露しました。「冷えないよう半身浴をした」等、実際に気をつけていたことや、夫が積極的に協力してくれたことを語りながら会場の男性のセミナー参加をほめる場面も。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング