学校教育用タブレット学習ソフト「ミライシード」を、 2014 年 7 月から提供開始

PR TIMES / 2014年4月15日 11時28分

全国の小中学校の先進的先生方のノウハウを結集、 「協働学習」授業での具体的活用プランを実体化



 株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、以下:ベネッセ)は、小中学校での「1人1台タブレット端末」環境下で活用できる学習ソフトウェア「ミライシード」を開発、2014年7月より提供を開始します。全国の小中学校の先進的先生方のノウハウを結集、「協働学習」授業での具体的活用プランをソフトで実体化しています。
 文部科学省では小中学校における1人1台の情報端末を使った学習環境の整備を推進しようとしており(※1)、また全国の自治体も独自に実験校を設置し実証実験を進めつつあります。その中から佐賀県武雄市のように独自に市内の小中学生へタブレットを配布する(2014年度より)自治体も現れています。ベネッセ教育総合研究所の調査(※2)においても、「今後、ICTを活用したいと考える教員」は、小学校で95.6%、中学校で87.8%と高い割合を示し、学校現場における意識の高さが伺われます。
 しかし一方、同調査で、ICT活用が協働学習に効果的かを聞いたところ、「授業で意見の共有や議論する機会が増える」では小学校で24.6%、中学校で21.4%、「子供同士の教え合い、学び合いが増える」では小学校17.7%、中学校18.0%と、協働学習に効果的と考える割合は低いのが現状です。1人1台タブレット端末の環境は、「協働学習」の推進が容易になることが一つのメリットと考えられ、このギャップを埋める適切なサポートが必要と考えます。
 「ミライシード」を構成するソフトウェアの一つである「ム―ブノート」は、各教科の授業の中で、効果的な協働学習を実現するソフトです。タブレット画面に子どもが書いた意見が整理され、ポイントとなるキーワードに基づいた集計のほか、画像上に置かれたスタンプ位置を集計する座標集計、テキストデータに対してマーキングした範囲を集計するマーキング集計などの自動集計も可能です。小中学校あわせて約100教材(小学校4教科、中学校5教科)を収録しています。全国の先生方の優れた授業実践をもとに開発したもので、これにより、一人ひとりの先生のPC指導スキルに依らず、全国の先生方の優れた授業実践を容易に再現できます。協働学習に必要な話し合いのスキルを学べる「話し合いトレーニング」、個の理解度に応じた学習を実現する「デジタル小テスト・ドリル」も収録しており、「個別学習」「協働学習」「一斉学習」の領域を、オールインワンでカバーできるソフトになります。
 ベネッセは、教育におけるICT活用の重要性と、今後の一層の高まりを見据え、今後も学校教育、家庭学習の両方の領域で、教育への最新のテクノロジーの利用を研究し、未来を生きる子供たちによりよい学びを提供できるよう新たな教材・サービスの開発に取り組んでまいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング