英会話学校のマンツーマン英会話に迫る学習環境のMyET(マイ・イー・ティー)に、ビジネスパーソン待望の新シリーズが登場! レベル別に順次発売

PR TIMES / 2012年2月14日 14時55分



株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表:平本 照麿、以下アルク)より、自動スピーチ分析システム搭載「アルクのとことんスピーキング練習シリーズ」の新講座『必須単語でスピーキング練習 MyET TOEIC(R)テスト600点』のリリースをご案内いたします。

「忙しい! でも英会話練習がしたい」「近くにいい英会話学校がない」
「人前で英語を発話することに照れを感じる」etc ...
⇒時間や生活圏の制約等から、本格的な練習が出来なかった方にお勧めなのがMyETです

■発音判定付き! 「自宅」で「一人」で「英会話レッスン」を実現

自動スピーチ分析システムASAS(Automatic Speech Analysis System)が英会話学校のマンツーマン英会話レッスンに迫るトレーニング環境を実現。PCとマイクを使ってお手本につづいて発話するたびに、「総得点」「発音」「ピッチ」「リズム」「強勢」の項目にわけ点数化し、スピーキングのレベル評価を行います。間違いや弱点の指摘だけでなく、改善のアドバイスまでしてくれる、あたかもマンツーマンの英会話レッスンを受けているような効果が期待できる画期的なスピーキング教材です。

<MyETとは?>
「アルクのとことんスピーキング練習シリーズ」 で採用されている英語のスピーキングを学ぶためのソフトウェアです。このソフトウェアは、語学教育システムを研究開発する台湾のL Labs社によって2002年に開発され、中国、台湾、韓国の企業や大学、高校などで広く使用されています。MyETは、「My English Tutor」の頭文字をとったもので、英語の個人授業、家庭教師という意味。「1対1であなたの英語のスピーキングの指導をしますよ」というメッセージが込められています。

<「MyET TOEIC(R)テスト600点」の特長>
■TOEIC(R)テスト対策がそのまま実践ビジネス英会話に使える「ムダ」のない学習が可能

学習素材はアルクのベストセラー「キクタン」シリーズの『聞いて覚える英単語キクタンTOEIC(R)Test Score 600』がベース。TOEIC(R)テスト公式問題・模擬試験のデータに加え、アルクの研究開発で蓄積した言語データベースから精選した素材なので、TOEICはもちろん、ビジネスシーンでも役に立ちます。

・発話した英語をMyETが録音。この音声を「発音」「ピッチ」「リズム」「強勢」の観点から分析し、数値とイメージでフィードバック。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング