クリスマスデートや忘年会で尊敬されること間違い無し! すぐに使える『ゼロから始めるワイン入門』、読めばあなたもワイン通に!

PR TIMES / 2013年12月12日 18時14分

メディアファクトリー ブランドカンパニー

この度、株式会社KADOKAWA メディアファクトリー ブランドカンパニーでは、実用書の新シリーズ『ゼロから始めるワイン入門』 『ゼロから始める日本酒入門』を12月13日(金)に発売することとなりました。




クリスマスデートや忘年会など、普段よりアルコールをたしなむ機会が多くなる12月。そんな場面で、知っているようで実は知らない基本や味わい方を知っていると、周りの人たちから一目置かれるかも!?
恋人とのデートで使える作法や、ホームパーティでワインを楽しみ方から、“通”になれるワイン術など、様々なシーンに使えるワインのあれこれを紹介。


・なぜワインを飲む際グラスを回す?

ワインを飲むときにグラスをクルクルと回すしぐさを「スワリング」という。スワリングするとワインに空気が触れて酸化し、多くの香りが立ち上がることは知っている人も多いだろう。
さてその「スワリング」。あなたは右回り?左回り?正しいスワリングをしていますか?


・「肉料理=赤」「魚料理=白」でOK?

「肉料理=赤、魚料理=白」の方程式は、常に正しいとは限らない。肉の色、魚の色、ソースの色など、料理の色によって相性のいいワインは変わってくる。基本的に、色が濃い料理には赤ワイン、色が淡い料理には白ワインと覚えておくといい。


・ロゼワインっていつ飲むもの?

ロゼワインは、その日の料理が魚だろうか肉だろうか、それ1本で通せる万能ワイン。白ワインや赤ワインと同様、ロゼにも銘柄ごと、造り手ごとに味わいの違いがあり、さまざまな料理とのマリアージュが堪能できる。
たとえば、焼き鳥には全般的に合うし、おでんの魚介具にもぴったり。餃子やエビチリにも合う。


ワインを気ままに楽しみたい人、必携の一冊

選び方、味わい方、昨今ブームの家飲みやギフトのコツ……。
いまさら聞けないワインの疑問や、知っておくと安心なワインマナーの基本、「通」といえる大人のワイン術まで解説。ワインがいままで以上においしく、楽しく味わえるようになる知識とテクニックを凝縮。
ワイン通として知られる辰巳琢郎がお届けする、ワイン入門書の決定版。


ゼロから始めるワイン入門
辰巳琢郎
共著・君嶋哲至(横浜君嶋屋四代目)

発売日:2013年12月13日
定 価:本体1300円(税別)
http://mediafactory.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=9784040661858


日本酒「通」になりたい人、必読の一冊

銘柄の選び方、旬な時期、適切な温度、名前の秘密、利き酒、酒器選び、肴との相性……。いまさら聞けない日本酒の疑問や誰かに話したくなる知識、「通」な呑み方まで。知っているだけで日本酒が旨く、楽しく味わえるようになる薀蓄&テクニック満載。
日本酒に詳しい日本料理の巨匠・野崎洋光による日本酒入門書の決定版。


ゼロから始める日本酒入門
監修・野崎洋光(分とく山総料理長)
著・君嶋哲至(横浜君嶋屋四代目)

発売日:2013年12月13日
定 価:本体1300円(税別)
http://mediafactory.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=9784040661865


発 行:KADOKAWA
編 集:メディアファクトリー
http://www.kadokawa.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング