「飲食店の詳細情報ページを新設 ~日本酒やワインの銘柄・原産地などドリンクの詳細情報をデータ化~

PR TIMES / 2014年5月12日 19時18分

「ドリンクページ」 「スタッフページ」 「お店までの行き方ページ」

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎、以下 ぐるなび)は、4月21(月)に「ドリンクページ」「スタッフページ」 「お店までの行き方ページ」をユーザー画面に新設いたしました。

 これまで地図を見てもなかなかお店までたどり着けなかったり、お店にどんな種類のワインが取り揃えてあるのか分からなかったり、どんな雰囲気のスタッフが接客してくれるのか気になるなど、金額や料理内容以外の“ありそうでなかった”お店の情報を、3つのページで詳細に見ることができるようになりました。これらのページはPC版、スマートフォン版の両方からご覧いただけます。

 ぐるなびはこれまでにない正しい位置情報や、リアルタイムに更新される正確な店舗の詳細情報を提供する
ことで、ユーザーと飲食店のマッチング精度を高め、双方の満足度向上を目指します。




『ドリンクページ』
■ユーザーのメリット
お店選びの基準のひとつである、ワイン・ビール・日本酒・焼酎のドリンクメニューの詳細な情報を、予め店舗ページから見ることができます。例えば、日本酒の「銘柄・原産地・アルコール度数・原料米・精米歩合・味わい・おすすめの飲み方」など、これまではお店に行かなければ分からなかった情報を、事前に確認することで、より満足度の高い外食シーンを実現します。


■飲食店のメリット


お店にあるドリンクを100項目(100ドリンク)まで登録できるので、「ワインの種類が豊富」「珍しい日本酒が自慢」など、ドリンクにこだわっている飲食店は多数登録しておくことで、自店の「ウリ」としてアピールすることができます。

さらに、そのお店オススメの食べ合わせを提案できる「一緒に
食べて欲しいメニュー」を表示することができ、1ドリンクごとに3つのメニューが登録可能です。


[登録できる種類:ワイン・ビール・日本酒・焼酎]


『ドリンクページ』
■ユーザーのメリット
お店選びの際に、雰囲気重視のユーザーが気にする条件のひとつでもあるスタッフ情報を、予め店舗ページからチェックすることで、来店時のギャップを解消します。
■飲食店のメリット
店舗独自の特色を更に伝えるために、スタッフの雰囲気を伝える「スタッフページ」を新設しました。名物店長や元気なスタッフ、腕利きシェフの顔を見せることで、ユーザーにイメージを持たせ来店が楽しみになるなど、お店のファンづくりのきっかけにしていただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング