~ヘッドスピードが遅めでも、もっと飛ぶ~「NEW ゼクシオ プライム」ゴルフクラブを新発売

PR TIMES / 2012年10月18日 13時33分



 ダンロップスポーツ(株)(本社:神戸市、社長:野尻 恭)は、高級感のある外観デザインと大きな飛距離でシニアゴルファーから好評を得ている「ゼクシオ プライム」ゴルフクラブの新製品を12月14日から発売します。ウッドはドライバー(#1)とフェアウェイウッド(#3、4、5、7、9、11)、アイアンは5本セット(#6~9、PW)と8本セット(#5~9、PW、AW、SW)の他に単品(#5、AW、SW)があります。価格は全てオープンです。

 今回7代目となる「NEW ゼクシオ プライム」ゴルフクラブには、昨年12月の発売以来大好評を得ている「ゼクシオ セブン」に採用している飛びの新技術「デュアル スピード テクノロジー」※1を、ヘッドスピードが遅めのゴルファー向けに新開発して搭載しています。高級感を増した外観とともに、豊かなゴルフライフにぴったりのゴルフクラブとして進化しました。
※1:ヘッドスピードとボールスピードの「2つのスピード」アップのために開発した、当社独自のテクノロジー。

■「NEW ゼクシオ プライム」ウッドの特長
「デュアル スピード テクノロジー」を、ヘッドスピードが遅めのゴルファーに合わせて開発
1.ヘッドスピードアップテクノロジー
(1)クラブ慣性モーメントを小さく
(2)新シャフト剛性設計

2.ボールスピードアップテクノロジー
(1)ヘッドの運動エネルギーがアップ
(2)ターゲットゴルファーに合ったスイートエリア拡大

■「NEW ゼクシオ プライム」アイアンの特長
「デュアル スピード テクノロジー」を、ヘッドスピードが遅めのゴルファーに合わせて開発
1.ヘッドスピードアップテクノロジー
2.ボールスピードアップテクノロジー
(1)ヘッドの運動エネルギーがアップ
(2)平均ボールスピードがアップ

■「ゼクシオ プライム」の良さがさらに進化
1. 楽にボールが上がって飛ぶ
1.ウッド用の「SP-700」カーボンシャフトは、シャフト先端部の剛性を低く設計することでインパクトロフトが大きくなり、楽にボールが上がります。

2.全番手でヘッドの深・低重心
ドライバーヘッドはヘッドの重量配分に より重心を低く、深くしています。フェアウェイウッドは、大型化したタングステンニッケルソールにより、低重心化を実現しました。
また、アイアンはキャビティソール部の重量を増加させることで、ヘッドの重心がさらに低く、深くなりました。
これらにより、全番手でボールが上がりやすくなっています。

2. ミスヒットでの飛距離ロスを軽減
ウッドクラブのフェースは、ヘッドスピードが遅めのゴルファーの打点分布に合わせた 新肉厚分布設計により、スイートエリアを適正な領域になり、オフセンターショット時の飛距離ロスを防ぎます。
アイアンは、タングステンニッケルのネックとソールウエイトで重量を周辺配分し、慣性モーメントを拡大しました。オフセンターショットで当たり負けない安定性を実現しています。

3. 爽快な打球音
ドライバーでは、新開発の斜めに配したサウンドリブで振動数を高く設計し、ティーショット時の高く伸びのある、心地良い打球音を実現しました。

4. 高級感がさらに進化
品位の高いゴールド系カラーにより、すみずみまで統一感ある外観仕上げとなっています。 ウッドのボディは高輝度メタリック塗装でグリーンからブラウンへのグラデーションと なっており、フェースとソールはゴールドイオンプレーティングです。一方、アイアンはシルバーのボディに統一感のあるゴールドパーツで仕上げています。








企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング