【業界最多】学情、プライバシーマーク10度目の更新!

PR TIMES / 2019年5月21日 16時40分

就職情報会社で初めてプライバシーマークの付与を受けた株式会社学情が、この度10度目の更新をいたしました。

株式会社学情(本社:大阪市北区/東京都中央区、代表取締役社長:中井清和)は、この度、10度目のプライバシーマーク更新認定を受けました。1998年に就職情報会社では第一号の認定を受けて以来、2年ごとに実施される厳格な審査を経て、更新を続けています。学情は今後も、個人情報を安全かつ適正に取り扱ってまいります。



プライバシーマーク制度は、
・個人情報保護に関する消費者の意識の向上を図ること
・適切な個人情報の取り扱いを推進すること
を目的とした制度です。日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合し、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、事業者は認定を受ければその旨を示すプライバシーマークを付与され、事業活動に関してプライバシーマークの使用が認められることになります。
[画像: https://prtimes.jp/i/13485/428/resize/d13485-428-193989-0.jpg ]


この度、学情のプライバシーマークには10度の更新審査合格を示す(11)が付与されました。
個人情報を取り扱う人材業界において、プライバシーマークの適格性維持が非常に重要なものであることは言うまでもありません。個人情報をとりまく関心は年々高まり、かつ厳しいものになってきております。また、標的型攻撃等、個人情報漏えいの脅威も年々高まってきております。
学情では、このプライバシーマークの適格性を維持することで、様々な企業様にご安心いただき、就職情報サイトや合同企業セミナーの運営をはじめとした様々な事業展開を行っています。現在では、企業の採用活動のアウトソーシングや人材紹介事業、大手金融会社や行政からの業務委託なども多数手掛けております。

学情は今後も、個人情報保護体制の維持および改善を継続的に行い、より安心して皆様にご利用いただけるサービスをご提供してまいります。


■株式会社学情とは
東証一部上場・経団連加盟企業。法人株主として朝日新聞社・大手金融機関が資本出資し、優良企業約5,000社と取引をする大手総合就職情報会社です。また、朝日新聞とともにコンテンツを提供する「就職情報サイト〈あさがくナビ(朝日学情ナビ)〉」をはじめ、延べ来場学生20万名以上、延べ参加企業7,000社の日本最大級の「合同企業セミナー〈就職博〉」や、若手社会人をターゲットとした「20代専門転職サイトNo.1の〈Re就活〉」を運営しています。
[創業/1976年 資本金/15億円 加盟団体/一般社団法人 日本経済団体連合会、公益社団法人 全国求人情報協会]
https://company.gakujo.ne.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング