「辛口産経」第3弾発売 辛さと旨さダブルで追求

PR TIMES / 2018年9月14日 16時1分

産経新聞社のオリジナル酒「佐渡学校蔵発 辛口産経」の第3弾が9月14日、発売になりました。佐渡の酒蔵「尾畑酒造」(本社・新潟県佐渡市真野新町、社長・平島健)が進める「廃校を活用した酒造り」という「学校蔵」の趣旨に、産経新聞社が賛同。記者が酒造りの過程を体験し、記事にして、地域振興支援を目的に、オリジナル酒の販売を始めたものです。3年目は辛口かつ、これまで以上に旨みのある「辛口産経」を造り上げました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/22608/430/resize/d22608-430-615423-0.jpg ]

「辛口産経」のプロジェクトは2年前からスタートしました。1年目は10日で完売。今年の担当は入社2年目の若手記者で、5月には生まれて初めて田植えを体験。7月には佐渡に1週間泊まり込み、酒造りで最も大切といわれる「麹」や「掛け米」をつくり、「3段仕込み」を行いました。
仕込みの後は、杜氏をはじめ蔵人と呼ばれるプロの皆さんが日夜、温度管理など発酵具合をチェック。今年の酒米は水に溶けやすい性質だったため、辛さが十分出ないうちに酵母が消えないよう、学校蔵に泊まり込み、まるで子供を育てるように酒を見守りました。その分、うまみが出て、まろやかな味わいの中に、キリッとした辛さを感じます。
その様子は産経新聞「酒と海と空と」、およびインターネットニュース「産経ニュース」( http://www.sankei.com)のWEB版「酒と海と空と」で紹介しています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/22608/430/resize/d22608-430-709942-1.jpg ]

【商品概要】
・原材料:佐渡産酒米「越淡麗」100%の純米無濾過原酒
・精米歩合:60%
・アルコール度数:18.2度
・日本酒度:+10(プラスの数字が大きいほど辛い。通常は+4を超すと辛口と呼ばれる)
・製造本数:約1600本(本数限定)
・販売:産経ネットショップ( https://sankeishop.jp/)、または電話0120-501-675
・容量・価格:720ミリリットル2280円、1800ミリリットル3780円(いずれも消費税、送料込み)
※佐渡産酒米「越淡麗」100%使用の純米無濾過原酒ですが、酒造免許の関係で分類はリキュールとなります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/22608/430/resize/d22608-430-574563-2.jpg ]


【学校蔵とは】
尾畑酒造が廃校となった小学校の木造校舎を酒蔵に改造。「製造」「学び」「交流」「環境」の4つの柱を掲げ、佐渡と島外をつなぐ地域振興の場として活用しています。辛口産経もここで製造されています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング