2016年3月卒業・就職予定の大学生実態調査 【11月1日時点の状況】活動時期繰り下げで「学業に専念できる」と思う学生、わずか1割

PR TIMES / 2014年12月3日 14時12分

~ 「インターンシップへの参加」は前年比20ポイント増 ~

企業の採用活動を支援するサイト「JOBRASS新卒」を運営する株式会社アイデム(本社:新宿区新宿/代表取締役社長:椛山 亮)の人と仕事研究所 http://apj.aidem.co.jp/ では、2016年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学3年生・大学院1年生の男女445名を対象に調査を実施しました。この度、その調査結果をまとめましたので、一部抜粋してお知らせします。



調査結果

≪就職活動の進捗状況≫
・「まだ何も始めていない」18.2%  「準備活動段階」75.5%
2015卒学生よりも、就職活動の準備が早い傾向

≪就職活動時期変更の是非≫
・活動時期の繰り下げで「学業に専念できる」と思う学生は、わずか1割

≪就職活動の準備・対策≫
・「就活ナビサイトへの登録」85.2% 「キャリアセンターの就職ガイダンスへの参加」57.4%
2015卒学生よりも、インターンシップの割合が約20ポイント増

≪日常の情報収集メディア≫
・過半数が「テレビ」や「新聞」で情報収集


調査概要

調査対象: 2016年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学3年生・大学院1年生の男女
調査方法: インターネット調査
調査期間: 2014年11月1日~9日
有効回答: 445名


調査・分析担当者のコメント


アイデム人と仕事研究所 古橋 孝美
2016年3月卒業予定者の就職活動は、11月1日時点で昨年よりもやや早く活動がスタートしている様子が見受けられました。特徴的なのは、昨年よりも就活ナビサイトへの登録やインターンシップなどに取り組んでいる学生が多いことです。すでに企業からイベントや選考の案内など接触があった、という学生も6割おり、就職活動時期の繰り下げで、学生とのつながりを早期に取りたい企業の思惑も見えてきます。とは言え、「自己分析」や「企業・業界研究」など企業選定に欠かせない準備や、具体的な選考を見据えての対策に取り組んでいる学生はまだ多くはなく、本格的な就職活動対策は今後取り組み始めるものと思われます。また、売り手市場となった影響か、学生の意識がやや強気になっているのも印象的です。


調査結果の詳細(一部抜粋)

≪就職活動の進捗状況≫
「まだ何も始めていない」18.2%  「準備活動段階」75.5%
 2015卒学生よりも、就職活動の準備が早い傾向

学生に、2014年11月1日時点の就職活動において「現在行っている主な活動」を聞いた。 「準備活動段階」と回答した学生が75.5%と最も多い一方、「まだ何も始めていない」という学生も18.2%いる。 前年同時期の調査(2015年3月卒業予定者に対する2013年10月末時点の調査)と比較すると、前年は就職活動の広報開始時期が12月1日であり、その約1ヵ月前の時点での学生の状況は「準備活動段階」60.7%、「まだ何も始めていない」35.3%だった。それに比べ、2016年3月卒業予定者は、就職活動の開始まであと4ヵ月あるにもかかわらず、「準備活動段階」が前年比約15ポイント増、「まだ何も始めていない」の割合が半減しており、昨年よりも大幅に準備が進んでいる様子がうかがえる。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング