XLARGE(エクストララージ)が音楽レーベル”XLARGE RECORDS”を発足。過去に制作されたミュージックビデオ11曲が各種音楽サービスで一斉解禁。

PR TIMES / 2019年11月30日 10時35分

ストリートブランドの「XLARGE」が音楽レーベルを発足、チャンネル総再生回数1500万回超のMV11曲が一斉解禁!



1991年11月の創立からラッパーやスケーターからの絶大なる支持を獲得し、現在も若者を中心に世界中に影響を与えるストリートブランドであるXLARGE(エクストララージ)が音楽レーベル“XLARGE RECORDS”を発足。

音楽とファッションの融合をテーマに、ストリートカルチャーを発信するXLARGEが音楽レーベルとして音源のリリース、またライブイベント等を実施していきます。

また、コレクション毎に注目のアーティストとコラボレーションしたミュージック・ビデオとしてXLARGEのオフィシャルYouTubeチャンネル( https://www.youtube.com/XLARGEOFFICIAL)に公開されていた11曲が、各種音楽サービスでも一挙解禁。

レーベルロゴType1

[画像1: https://prtimes.jp/i/11969/438/resize/d11969-438-581869-2.png ]





レーベルロゴType2
[画像2: https://prtimes.jp/i/11969/438/resize/d11969-438-122887-3.png ]



ミュージック・ビデオではXLARGEのアイテムが効果的に使用されており、スタイリッシュな映像のアクセントとして一役買っています。ヒップホップ・シーンやレゲエ・シーンで活躍中のMC やDJを起用していることから既にファンの間では話題となっており、とりわけWillyWonka、VIGORMAN、GeGからなる“変態紳士クラブ“による『好きにやる』はYouTube再生回数600万回を突破しており、まさに音楽とファッションの化学反応といっても過言ではない仕上がりとなっています。


■変態紳士クラブ(WillyWonka × VIGORMAN) - 好きにやる (Prod. GeG)

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=xFpjnQmjVHI ]





音楽シーンを革新するレーベルとして、今後の”XLARGE RECORDS”の活動に是非ご期待ください。


■ミュージックビデオ各種配信サービス一覧
https://lnk.to/XLARGERECORDS_MV

■ミュージックビデオ作品一覧
VIGORMAN - I Remember
WATAPACHI - BURN (feat. Normcore Boyz)
DJ JAM (YENTOWN) - Sky Limit (feat. WILYWNKA)
DJ KANJI - 22VISION (Remix) [feat. Yo-Sea & Young Coco]
DJ JAM & MARZY - Waved (feat. fox4G, lj) (MaisonDe)
DJ JAM (YENTOWN) - RUN IT (feat. Jin Dogg, MonyHorse, Koh (Tha Jointz))
変態紳士クラブ(WillyWonka × VIGORMAN) - 好きにやる (Prod. GeG)
THUNDER - We run di street (feat. BAD JUSTICE)
Salvador Mani & LEON a.k.a. 獅子 - I don’t give a fxxk (Prod. JAM)
RAU DEF - FREEZE!!! (feat. Sugbabe (Official Music Video))
DJ SOULJAH - CLYDE (feat. Jinmenusagi, YZERR, B.D.)



[画像3: https://prtimes.jp/i/11969/438/resize/d11969-438-943391-1.jpg ]


-XLARGE-
991年11月、LAのヴァーモント・アヴェニューにXLARGE STOREがオープン。このショップから発信されるファッションとカルチャーが、ʼ90年代のLAしいてはアメリカ、さらにワールドワイドなストリートカルチャーをリードしていきました。ブランドをスタートさせたのは、イライ・ボナーツとアダム・シルバーマンという建設学校を卒業したばかりの若者でした。

90年代のLAは、ヒップホップやグラフィティが発祥とされるNYとは全く異なる形態で発展し、独自のスケートボードや音楽カルチャーがミックスし、新たなストリートカルチャーが生まれようとしていた時代でした。イライ、アダムの2人に、Beastie BoysのマイクDが加わり、「XLARGE STORE」は強力な個性を放つこととなりました。

「XLARGE STORE」は、当時としては画期的な商品構成で、ベン・デイヴィスやカーハートといったワークウェア、アディダスやプーマといったオールドスクールスニーカーなどを取り扱い、現在のセレクトショップの価値観を築きました。

そのショップのオリジナルブランドとしてスタートしたXLARGEは、「普段着ではなく、ファッションとして実用なウェアを表現する」というユニークな視点を提示し、MUSIC、ART、SKATEBOARDINGなどのカルチャーを融合することで、オリジナルのファッションスタイルを生み出しました。現在も、設立当時の力強さを失うことなく、ストリートウェアの革新者であり、パイオニアであり続けています。

-公式SNS-

XLARGEオフィシャル Instagram
https://www.instagram.com/xlargejp/
XLARGEオフィシャル Twitter
https://twitter.com/XLARGEJP
XLARGE オフィシャルFACEBOOK
https://ja-jp.facebook.com/XLARGE.JP

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング