2015 年4 月、小学生向け英語教材「Challenge English」提供開始

PR TIMES / 2014年11月12日 13時44分

「聞く・話す・読む・書く」の4 技能を学ぶ、8 段階レベル別の「デジタル学習教材」と、外国人講師との「オンラインレッスン」で、英語コミュニケーション能力を伸ばす

 株式会社ベネッセホールディングスの子会社、株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、以下:
ベネッセ)は、2015 年4 月、小学生向け英語教材「Challenge English(チャレンジイングリッシュ)」を開講
します。「Challenge English」は、パソコン、タブレット等マルチデバイス対応のデジタル教材で、「聞く・話
す・読む・書く」技能を総合的に自宅で学習する「4 技能トレーニング」と、外国人講師とのマンツーマンレッス
ン「オンライントーク」で構成されています。進研ゼミ会員向けにオプション教材として会員価格で販売する
他、一般向けにも販売します。



 文部科学省では、現在、小学校5・6 年生での英語の教科化の検討が進んでいます。また、大学入試で
は英語4 技能の外部試験活用も本格的に検討されており、小学校時期における英語に対する保護者のニ
ーズは、英語に親しむ、興味をもつといったことから、将来を見越して、英語コミュニケーション能力を本格的
に身に付けることに変化しつつあります。

 「Challenge English」は、英語学習に必要な「繰り返し学習」と「対人での学び」を、デジタル学習で両立
させた小学生向けの英語教材です。小学校1 年生から6 年生での学習を想定していますが、教材は学年別
ではなく、子どもの英語力に合わせて、8 段階レベル別で提供します。最高位レベル8 は、中学3 年生レベ
ル、英検3 級レベルの設定になっています。教材は、デバイス上で学習する「4 技能トレーニング」と、オンラ
インで外国人の先生とレッスンを行う「オンライントーク」で構成されています。


<4 技能トレーニング>
「聞く・話す・読む・書く」技能を総合的に 月1 回、海外在住の先生と「話す」レッスン。


<オンライントーク>
身に付け、英語を「使いながら」学びます。 学習定着度、発音などを先生が確認します。


【 Challenge English 概要 】
<商品名>
Challenge English(チャレンジイングリッシュ)
<対象学年>
小学校1年生~6年生
<開講時期>
2015年4月~
<受講費>
通常価格 3,240円(税込)※12か月分一括払いの場合の1か月あたりの価格
進研ゼミ会員特別価格 2,040円(税込)※12か月分一括払いの場合の1か月あたりの価格
<商品構成>
・8レベルに分かれたダウンロード型デジタルコンテンツ
・月1回の外国人講師によるオンライントーク
※オンライントークは別途有料で1回から追加購入可能
 12回分回数券購入の場合の1回分の価格 864円(税込)
<備考>
●マルチデバイス対応 ※Challenge English Lightもマルチデバイス対応
(Windows/Mac/iOS/Android/チャレンジパッド)
※対応機種には制限があります。詳しくはホームページでご確認いただけます。
「チャレンジイングリッシュ 検索」
●進研ゼミ小学講座会員は、「Challenge English」の教材の一部を、「Challenge English Light(チャレンジイングリッシュライト)」として、無料で受講可能です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング