【ホテル日航東京】職人芸を体験できる「江戸伝統工芸 職人実演」実施 2015年1月10日(土)~3月21日(土)まで隔週土曜日 全6回開催

PR TIMES / 2014年12月22日 18時36分

■粋な図柄の“江戸刺繍”や伝統の製本技術“和綴じ”、干支の“押し絵”など ■フェア期間中、「七福神めぐりスタンプラリー」や「江戸書籍コーナー」を常設



====================================================
~ホテル日航東京 シーズナルフェア「江戸繚乱 2015」~
職人芸を体験できる「江戸伝統工芸 職人実演」実施
2015年1月10日(土)~3月21日(土)まで隔週土曜日 全6回開催
http://www.hnt.co.jp/edo2015
■粋な図柄の“江戸刺繍”や伝統の製本技術“和綴じ”、干支の“押し絵”など
■フェア期間中、「七福神めぐりスタンプラリー」や「江戸書籍コーナー」を常設
====================================================

 ホテル日航東京(東京都港区台場 総支配人:本中野 真)は、2015年1月1日(木)から3月31日(火)まで、「江戸の趣」をテーマに、都心を見晴らすお台場から東京のルーツである江戸の魅力を感じていただくシーズナルフェア「江戸繚乱(えどりょうらん) 2015」を開催します。今年で、4回目の開催となる「江戸繚乱」では、日本最大級の学術専門書籍出版社“株式会社 雄山閣(ゆざんかく)”協力のもと、職人芸の体験ができる「江戸伝統工芸 職人実演」のほか、館内にて「江戸書籍コーナー」と「七福神スタンプラリー」を常設するなど、江戸の文化に触れあうコンテンツを展開してまいります。

 「江戸伝統工芸 職人実演」は2015年1月10日(土)~3月21日(土)までの隔週土曜日に、2Fロビーの特設スペースにて全6回開催いたします。刺繍と空間の間に粋なセンスが光る“江戸刺繍”や、江戸時代にブームで開花した日本伝統の製本技法“和綴じ”、羽子板の飾りに使われている“押し絵”など、江戸伝統工芸の職人をお招きして実演を行うとともに、体験レッスンを行います。華やかな江戸文化を育んだ技を現代に受け継ぐ職人の実演はもちろんのこと、“粋”の美学の結晶ともいえる工芸品の制作体験を通じて、「江戸の趣」をご体感ください。

 また、「江戸繚乱」フェア期間中は、館内にて「七福神めぐりスタンプラリー」や「江戸書籍コーナー」を常設いたします。“七福神めぐり”は江戸時代に全国へと広まったお正月行事のひとつで、不老長寿、商売繁盛、五穀豊穣、家内安全などのご利益があるとされています。館内7か所のポイントを巡る「七福神めぐりスタンプラリー」では、7つの神様が手にしているラッキーアイテムのスタンプを集めるとともに、宝船の浮世絵スタンプを完成すると、ホテルショップにて日本香堂による「江戸繚乱」オリジナル“匂い袋”をプレゼントいたします。“匂い袋”は江戸時代に広まった香りの文化で、小袋に白檀などのさまざまな生薬を調合した上品な香りをお愉しみいただけます。そして、「江戸書籍コーナー」は、空間デザイナーの桶川容子氏がデザインした空間にて、近世・近代日本文学が専門で、テレビのコメンテーターとしても活躍をしているロバート・キャンベル氏がセレクトした江戸にまつわるさまざまな書籍をソファに座りながら、ご自由に閲覧いただけます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング