【ホテル日航大阪】オリジナル「あめ」新発売!大阪文化の携帯品“あめちゃん”に、素材と手づくりにこだわった飴をどうぞ。

PR TIMES / 2012年11月27日 20時17分



今年秋、開業30周年を迎えた、大阪・心斎橋のホテル日航大阪(大阪市中央区西心斎橋1-3-3、総支配人:ジャン W マーシャル)は、プライベートブランドの新商品として、3種類の『飴(あめ)』(80g入り一缶¥500~¥600、税込み)を12月1日(土)より発売いたします。


大阪といえば「粉もん」に次いで挙げられるのが「大阪のおばちゃん」。その独特の文化はひょう柄ファッションと、携帯品ともいえる“あめちゃん”に代表されます。京都では“あめさん”、大阪では“あめちゃん”と親しみを込めて呼ばれる「飴」は、大切なコミュニケーションツールとして、おばちゃん達のバッグの中に無くてはならないものなのです。


ホテル日航大阪では、これまでさまざまな開業30周年企画を行なってきましたが、その集大成として、30年の感謝とこれからの30年も愛され続けるホテルを目指し、おばちゃん達だけでなく、お子様からご年配の方まで広くホテルを知ってもらい、気軽に利用戴けるきっかけになればと、大阪の老舗飴メーカー「喜多林堂」(大阪市阿倍野区阪南町1-23-8:代表取締役 鶴澤尚哉)と、また味の監修として「帝塚山学院大学」(学長 酒井信雄)とのトリプルコラボにより、オリジナル飴の開発を行ないました。


商品開発にあたっては、「地産地消」の素材を使い、どなたにも「安心」して食べられる飴であることに一番こだわりました。まず「帝塚山学院大学」人間科学部食物栄養学科【管理栄養士養成課程】(泉ヶ丘キャンパス:福田ゼミ)の学生と食材や味など飴の種類について検討を行ないました。同時に数ある飴のメーカーの中から、ひと釜ずつ手づくりにこだわる創業117年の飴の老舗「喜多林堂」の協力を得て、同社の商品『有平糖』(ありへいとう)をベースに3種類の飴に仕上げました。1.「紅茶飴」(¥500)は滋賀県朝宮産の無施肥無農薬栽培の茶葉を100%使用した紅茶の優しい味と香りの飴。2.「抹茶飴」(¥600)は同じく滋賀県朝宮産、無施肥無農薬栽培の茶葉100%の抹茶を使用したすっきりまろやかな飴。3.「梅干飴」(¥500)は紀州産の梅の果肉を使用した爽やかな味わいの飴です。商品詳細は添付資料をご参照ください。


【ホテル日航大阪オリジナル飴 詳細】
「紅茶飴」1缶(80g入り)¥500(税込み)
  滋賀県朝宮産の無施肥無農薬栽培の茶葉100%の紅茶の抽出液と有平糖で作った飴。優しい香りと味わいが特徴です。
「抹茶飴」1缶(80g入り)¥600(税込み)
  滋賀県朝宮産の無施肥無農薬栽培の茶葉100%の抹茶と有平糖で作った飴。すっきりまろやかな味わいが特徴です。
「梅干飴」1缶(80g入り)¥500(税込み)
  紀州産の梅の果肉を使用した飴。梅の香りと爽やかな味わいが特徴です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング