【ホテル日航大阪】オリジナル「あめ」新発売!大阪文化の携帯品“あめちゃん”に、素材と手づくりにこだわった飴をどうぞ。

PR TIMES / 2012年11月27日 20時17分



今年秋、開業30周年を迎えた、大阪・心斎橋のホテル日航大阪(大阪市中央区西心斎橋1-3-3、総支配人:ジャン W マーシャル)は、プライベートブランドの新商品として、3種類の『飴(あめ)』(80g入り一缶¥500~¥600、税込み)を12月1日(土)より発売いたします。


大阪といえば「粉もん」に次いで挙げられるのが「大阪のおばちゃん」。その独特の文化はひょう柄ファッションと、携帯品ともいえる“あめちゃん”に代表されます。京都では“あめさん”、大阪では“あめちゃん”と親しみを込めて呼ばれる「飴」は、大切なコミュニケーションツールとして、おばちゃん達のバッグの中に無くてはならないものなのです。


ホテル日航大阪では、これまでさまざまな開業30周年企画を行なってきましたが、その集大成として、30年の感謝とこれからの30年も愛され続けるホテルを目指し、おばちゃん達だけでなく、お子様からご年配の方まで広くホテルを知ってもらい、気軽に利用戴けるきっかけになればと、大阪の老舗飴メーカー「喜多林堂」(大阪市阿倍野区阪南町1-23-8:代表取締役 鶴澤尚哉)と、また味の監修として「帝塚山学院大学」(学長 酒井信雄)とのトリプルコラボにより、オリジナル飴の開発を行ないました。


商品開発にあたっては、「地産地消」の素材を使い、どなたにも「安心」して食べられる飴であることに一番こだわりました。まず「帝塚山学院大学」人間科学部食物栄養学科【管理栄養士養成課程】(泉ヶ丘キャンパス:福田ゼミ)の学生と食材や味など飴の種類について検討を行ないました。同時に数ある飴のメーカーの中から、ひと釜ずつ手づくりにこだわる創業117年の飴の老舗「喜多林堂」の協力を得て、同社の商品『有平糖』(ありへいとう)をベースに3種類の飴に仕上げました。1.「紅茶飴」(¥500)は滋賀県朝宮産の無施肥無農薬栽培の茶葉を100%使用した紅茶の優しい味と香りの飴。2.「抹茶飴」(¥600)は同じく滋賀県朝宮産、無施肥無農薬栽培の茶葉100%の抹茶を使用したすっきりまろやかな飴。3.「梅干飴」(¥500)は紀州産の梅の果肉を使用した爽やかな味わいの飴です。商品詳細は添付資料をご参照ください。


【ホテル日航大阪オリジナル飴 詳細】
「紅茶飴」1缶(80g入り)¥500(税込み)
  滋賀県朝宮産の無施肥無農薬栽培の茶葉100%の紅茶の抽出液と有平糖で作った飴。優しい香りと味わいが特徴です。
「抹茶飴」1缶(80g入り)¥600(税込み)
  滋賀県朝宮産の無施肥無農薬栽培の茶葉100%の抹茶と有平糖で作った飴。すっきりまろやかな味わいが特徴です。
「梅干飴」1缶(80g入り)¥500(税込み)
  紀州産の梅の果肉を使用した飴。梅の香りと爽やかな味わいが特徴です。

賞味期限:「紅茶飴」・「抹茶飴」360日、「梅干飴」180日
発売日 :2012年12月1日(土)
茶葉提供:無施肥無農薬茶葉専門店 小米茶園 http://www.koyonechaen.com/
販売店舗:1F/ティーラウンジ「ファウンテン」 直通TEL.06(6244)1695
       2F/カフェレストラン「セリーナ」 直通TEL.06(6244)1036
商品ホームページ:http://www.hno.co.jp/hotelinfo/takeout_gift.html


【『有平糖』(ありへいとう)とは】

金平糖(こんぺいとう)などと同じ南蛮渡来の砂糖菓子がルーツで、原材料の砂糖を80%以上使用したものに対して称される。

【喜多林堂について】
会社名:株式会社喜多林堂、創業:1895年(明治28年)今年創業117年を迎える老舗飴菓子専門店。
より善き材料、より善き技術、より善き商品の理念のもと、社長自ら厳選した材料をひと釜ひと釜ていねいに手づくりして現在に至る。

〒545-0021 大阪府大阪市阿倍野区阪南町1-23-8 喜多林堂公式ホームページ http://kitarin.b-smile.jp/


【帝塚山学院大学について】
1916年設立以来95年の伝統があり、幼稚園から大学院まで併せ持つ帝塚山学院の大学・大学院。「力の教育」という教育理念に基づき、泉ヶ丘キャンパスに人間科学部(3学科)と狭山キャンパスにリベラルアーツ学部(1学科)を持つ。帝塚山学院大学公式ホームページ http://www.tezuka-gu.ac.jp/
    

【帝塚山学院大学とのコラボについて】
2011年4月から帝塚山学院大学 人間科学部 食物栄養学科【管理栄養士養成課程】(泉ヶ丘キャンパス:福田ゼミ)の学生と、ホテル日航大阪パティシエ 橋本洋一、マーケティングチームとによるスイーツ開発プロジェクトが始動。第1弾は2011年7月に3種類の新しいテイストの「エクレア」、第2弾は2012年3月に「カラフル野菜ケーキ」、第3弾は当プロジェクトの集大成ともなるこの度の「飴」の開発。


【ホテル日航大阪について】
開  業:1982年(昭和57年)9月4日 今年開業30周年を迎えました。
所在地:542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-3-3
アクセス : 地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅8.号出口直結
施設紹介:地上32階、地下4階
       客室数635室、料飲施設10店舗、大小13の宴会場、チャペル、エステティックサロンなどを備える
総合施設。今年チャペル全面リニューアル、レディースルーム、エステティックサロンを新設しました。
   ホテル日航大阪公式ホームページ http://www.hno.co.jp
 
 

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング