1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

スマートニュース、2021衆院選ページで「期日前投票マップ」を提供開始 混雑を避けられる期日前投票の支援で、感染拡大防止と投票率向上へ

PR TIMES / 2021年10月20日 19時15分



スマートニュース株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:鈴木健)は10月20日(水)、第49回衆議院議員総選挙(10月31日投開票)の期日前投票開始に合わせ、ニュースアプリSmartNews内「2021衆院選」ページで、利用される方の選挙区の期日前投票所を地図に表示する「期日前投票マップ」機能の提供を開始します。当社では、混雑を避けられる期日前投票を支援し、新型コロナの感染拡大防止と投票率向上に貢献したいと考えています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/7945/441/resize/d7945-441-16805ae205ba05a7a962-0.png ]

※アプリ画面に表示されている画像はイメージです。

当社では、今回の衆院選において、多くの有権者の方へ期日前投票の利点を知っていただき、期日前投票を利用しやすくしたいと考えています。コロナ禍での混雑を避けられること、投票できる場所が多いこと、11日間の期日前投票期間で有権者の都合に合わせた投票ができること。また投票所入場券(有権者の住所に郵送されるはがき)がなくても本人確認ができれば(例えば免許証の提示があれば)投票できることも利点です。

期日前投票をもっと身近に分かりやすく
前回2017年の衆院選(小選挙区)では、2138万人が期日前投票を行いました。有権者数に占める割合は20.2%となり、投票者数、割合ともに過去最高となっています(※)。さらに昨今のコロナ禍においては、投票所の混雑を避けるため、各地の選挙管理委員会が、期日前投票の積極的な利用を呼び掛けています。このような背景から、当社は「期日前投票マップ」を提供することで、投票所を分かりやすくお知らせし、「スマホと本人確認書類さえあれば期日前投票に行ける」ように、期日前投票をより身近に簡単にする取り組みを行います。(※)総務省発表から

有権者の4割以上が、期日前投票の意向あり
当社が2021年10月に20歳から74歳までの有権者4400名に実施したアンケート調査では、期日前投票制度を知っている方は93.1%で、知らない方は6.9%でした。同制度を知っている有権者(n=4097)のうち4割以上(44.3%)が今回の衆院選で期日前投票の利用意向を示しています。一方で、同制度を知っている有権者(n=4097)の約3割(29.2%)は、期日前投票の場所を「知らない」と回答しており、期日前投票の制度や投票所に関して、一部で認知がなされていないことが伺えます。

当社では、有権者一人ひとりが、自分の選挙区の候補者や期日前投票に関する情報を的確に取得できることが重要と考え、2021衆院選ページを開設し、「期日前投票マップ」機能を提供します。当社ではこの取り組みを通じて、より多くの有権者が、期日前投票を利用することの一助になりたいと考えています。2021衆院選ページは、SmartNews日本版をご利用の方すべてに、アプリのトップ画面に表示する「衆院選トップカード」からワンタップでアクセスできます。2021衆院選ページで提供する機能・情報は以下です。

1. 自分の選挙区の期日前投票所を地図で表示する「期日前投票マップ」
利用者がお住まいの地域を選択すると、市区町村の選挙管理委員会が公表している情報を基に、全国5100カ所(10月19日時点)を超える期日前投票所から、ご自身の選挙区にある期日前投票所を地図で表示します。各投票所のページでは、住所、投票時間、必要な持参物、問い合わせ先、自治体の選挙情報ページのリンク(※開設されている場合)など詳細な情報をお知らせします。期日前投票は、投票所入場券がなくても本人確認ができれば投票を行うことができます。

2. 自分の選挙区の候補者リスト&候補者詳細情報をお届け
利用者がお住まいの地域を選択すると、自分の選挙区の候補者一覧を表示します。各候補者の詳細ページでは、時事通信社が提供するデータを元に、候補者写真、所属政党、当選回数、歴任した役職などの情報をお届けします。候補者が公式ホームページ、公式SNSなどを運用している場合は、各ページ、SNSへのリンクを設け、候補者自身が発信する情報へアクセスできます。またこのページでは、配信いただいているメディア各社による今回の衆院選や候補者に関する記事も表示します。

3. 候補者へ実施したアンケートの回答を表示(日本テレビ調査・実施)
各候補者の詳細ページでは、日本テレビとJX通信社が共同で実施した候補者へのアンケートの回答を、日本テレビの協力の下、表示します(回答完了前の場合含む)。新型コロナ対策や経済対策など、政策課題や具体的な政策に関する23問の質問(全て選択式)について、賛成・反対や、取り組む意向など、各候補者の回答をお知らせします。当社では、候補者アンケートの回答を、利用される方が投票先を検討する際の参考情報として役立てていただきたいと考えています。

SmartNewsは、今後も公共性を担う使命を自覚し、日々の生活に寄り添う公益性の高い良質な情報を、より多くの方へ分かりやすく届けていきます。

尚、明日10月21日から31日まで、2021衆院選ページの開設を記念して、スマートニュース公式Twitterアカウントをフォローし、投票を呼びかけるツィートをリツィートいただいた方の中から、抽選で1万名にファミリーマートの「クリスピーチキン(プレーン)」をプレゼントします。当社では、SmartNewsの2021衆院選ページを通じて、利用される方に選挙への関心をさらに高めるきっかけにつなげたいと考えています。

▽ダウンロードページ
https://app.adjust.com/mf89ufx_79h6gi6?fallback=https%3A%2F%2Fwww.smartnews.com%2Fja%2F


参考:第49回衆議院議員総選挙に関するアンケート調査
調査期間:2021年10月6日(水)~10月7日(木)
調査対象:全国の20歳から74歳までの男女4400名(IT、市場調査、報道関係者除く)
総務省統計局「人口推計」をもとにウエイトバック集計
調査方法:インターネット調査

<主な調査結果>
●期日前投票制度を知っている人の4割以上(44.3%)が、今回の衆院選で「利用」の意向
設問:次回の選挙(『第49回衆議院議員総選挙』)では、『期日前投票制度』を利用する予定はありますか。(期日前投票制度を認知している人のみ回答。n=4097)
[画像2: https://prtimes.jp/i/7945/441/resize/d7945-441-be521c0853f8c9c89615-1.png ]

●期日前投票制度を知っている人の約3割(29.2%)が、期日前投票の場所を知らない
設問:あなたは、ご自身の選挙区の期日前投票の場所を知っていますか。(期日前投票制度を認知している人のみ回答。n=4097)
[画像3: https://prtimes.jp/i/7945/441/resize/d7945-441-038de7b498001950f225-2.png ]

●期日前投票の理由上位は「日時の選択肢が広い」(43.2%)、「選挙日に行けない」(33%)「場所が便利」(27.5%)。4人に1人(25%)は「コロナが心配で密を避けたい」
設問:次回の選挙では『期日前投票制度』を「利用する/したい」と答えた方で、あなたがそのようにお答えになった理由として、あてはまるものをすべてお知らせください。(n=1844)
[画像4: https://prtimes.jp/i/7945/441/resize/d7945-441-de9c19db8549a50cbbc2-3.png ]


■スマートニュース株式会社について https://about.smartnews.com/
スマートニュース株式会社は、「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」をミッションに掲げ、2012年6月15日に設立されました。日本と米国でニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」を運用しています。世界中の膨大な情報を日夜解析し続けるアルゴリズムと、スマートデバイスに最適化された快適なインターフェースを通じて、世界中から集めた良質な情報を一人でも多くの人々に届けていきたいと考えています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング