鈴木おさむ、初の恋愛小説『美幸』1月22日発売!あまりにも激しい愛の復讐劇に、ベストセラー作家も驚愕!? 特設サイトもOPEN!

PR TIMES / 2013年12月20日 13時54分

角川書店 ブランドカンパニー

人気放送作家が満を持して放つ衝撃のラブストーリー!





「復讐の恐怖の後に、こんな美しい愛が待っていたとは」
――林真理子さん(作家)

「壮絶さに何度も息を飲んだ。復讐モンスター美幸の激しい愛を感じてほしい」
――山本文緒さん(作家)


あなたのために、復讐してあげるから。
残酷ないじめにあい、絶望から身を守るために、
歪んだ一人遊びを作り出した少女・美幸。
彼女が全てを投げ出した「無償の愛」の行方、
そして心震える意外な結末とは…!


【特設サイト】 
http://www.kadokawa.co.jp/sp/miyuki/ 


~著者からのメッセージ~

初めて恋愛をテーマに小説を書きました。
僕なりの恋愛小説。
普通の恋愛小説だと思ったらビックリしちゃうと思います。
恋愛というより愛でしょうか。無償の愛。
愛せるから幸せなのか?
愛されるから幸せなのか?

――放送作家 鈴木おさむ


STORY

新聞社主催の書道コンテストで優勝し、メディアに取り上げられて目立ってしまったことがきっかけで、学校で執拗ないじめにあい、ひとりぼっちで悲惨な学生時代を送ってきた美幸。大人になり、会社で出会った元役者、雄星に、自分の過去と同じ境遇を感じて、彼に無償の愛をささげることを誓う。その愛し方は猟奇的でもあり、時にばかばかしいほど滑稽でもあった。やがてその愛はエスカレートし、彼を悲しませる要因となるすべての人々に、彼に代わって復讐を企てていく……。

可笑しいほど痛く、哀しいほど純粋な愛の物語。


【発売日】2014年1月22日 ※発売日は地域によって前後する場合があります。
【定価(税込)】1365円 【装画】益村千鶴 【頁】192頁 【体裁】四六判上製 

※本書は書き下ろしです。また、著者が手掛けた演劇『美幸』を小説化したものです。


【著者プロフィール】 
鈴木おさむ(すずき・おさむ) 

1972年、千葉県生まれ。高校時代に放送作家を 志し、19歳でデビュー。バラエティを中心に多くの人気番組を手がける。現在はテレビ・ラジオの構成はもとより、舞台の作演出、映画の脚本や小説・エッセイも執筆。主な著書に『ブスの瞳に恋してる』『芸人交換日記~イエローハーツの物語~』『天職』(秋元康と共著)など。また2012年末公開映画「ワンピース フィルム ゼット」の脚本も手がけた。今回挑んだのは究極の恋愛小説。妻・大島美幸さんが学生時代、いじめられ、虐げられた青春時代をすごしたことからヒントを得た作品。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング