パソナ農援隊 「農泊地域」で活躍する料理人の魅力を発信/ 「農泊地域と料理人のマッチングシンポジウム」/11/12(月)、TRAVEL HUB MIX(大手町)にて開催

PR TIMES / 2018年10月22日 15時40分

農業分野での人材育成事業等を展開する株式会社パソナ農援隊(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 田中 康輔)は、料理人と農泊団体、自治体などのマッチングを促進することを目的に、『農泊地域と料理人のマッチングシンポジウム』を11月12日(月)にTRAVEL HUB MIX (千代田区大手町)にて開催いたします。

農林水産省は2017年より観光庁などとも連携し、農山漁村において日本ならではの伝統的な生活体験と農村地域の人々との交流を楽しむ農山漁村滞在型旅行「農泊」を推進しており、2020年までに「農泊」を実施できる地域を500地域まで創出することを目標に掲げています。

パソナ農援隊は、農林水産省より「平成30年度農山漁村振興交付金事業」を受託し、農泊に取り組む地域における料理人の誘致に向け、シンポジウムや、現地での視察ツアー、農泊地域と料理人のマッチングサイトの開設などを行う事業「農泊地域と料理人のマッチング」を7月より開始しています。

そしてこの度パソナ農援隊は、料理人と農泊団体、自治体などのマッチングを促進することを目的に、基調講演や、パネルディスカッションを行うシンポジウム『農泊地域と料理人のマッチングシンポジウム』を開催いたします。
シンポジウムでは、岩手県のフレンチレストラン「ロレオール」で、県内の生産者と連携しながら、地産地消をコンセプトにしたメニューで、地元の食材の魅力を発信している伊藤勝康シェフを招いた基調講演や、「地域の食を通じた農泊推進と料理人の活躍」をテーマに、農泊地域で活躍する料理人の具体的な事例などを紹介するパネルディスカッションを実施いたします。

パソナ農援隊は、本取り組みを通じて、農泊地域の持続的可能な成長と料理人のキャリア形成を支援するとともに、農泊地域での雇用創出と、地域の活性化を目指してまいります。

■農泊地域と料理人のマッチングシンポジウム 概要
日 時: 11月12日(月) 14:00~17:00
対 象: 「農泊地域」での就業に関心のある料理人、農泊団体 等
会 場: 東京都千代田区大手町2-6-2 JOB HUB SQUARE 1階「TRAVEL HUB MIX」
内 容:
1.基調講演(※地方で採れた食材を使った料理の試食会も実施)
「本事業の主旨・目的について」
農林水産省 農村振興局 都市農村交流課 農泊推進室長 池田 真理子氏
「地域の「食」を通じた農泊推進」
食・農・人総合研究所リュウキンカの郷 代表 本田 節氏
「地域食材を用いた料理のデモンストレーション&試食」
フレンチレストラン「ロレオール」 シェフ 伊藤 勝康氏
2.パネルディスカッション
「地域の食を通じた農泊推進と料理人の活躍」をテーマに、農泊地域で活躍する 料理人の具体的な事例など紹介する
<ファシリテーター>
株式会社バリュー・クリエーション・サービス 代表取締役 佐藤 真一氏
<登壇者>
食・農・人総合研究所リュウキンカの郷 代表 本田 節氏
フレンチレストラン「ロレオール」 シェフ 伊藤 勝康氏
株式会社イーハトーブ東北 代表取締役 松本 数馬
3. 料理人と農泊地域のマッチングサイト「サトChef」のご紹介
定 員: 70名
料 金: 無料
申し込み: WEBフォームから申込
H P: https://pasona-nouentai.co.jp/event/135
備 考: 大阪にて同シンポジウムを1月28日(月)に開催予定

■「農泊地域と料理人のマッチング」 事業概要
開 始: 7月
対 象: 「農泊地域」での就業に関心のある料理人、農泊団体など
内 容:
1.農泊地域で実際に活躍する料理人を招き、現地体験事例などを紹介するシンポジウムの開催
2.農泊地域に赴き、地元の食材を活かしたメニュー開発等を行う視察ツアーの開催
3.Web上で「農泊地域」と料理人がマッチングできる「サトChef」の開設  https://satochef.jp/
お問合せ: 株式会社パソナ農援隊 コンサルティング事業部 政久、後藤 Tel 03-6734-1260
備 考: 本事業はパソナ農援隊が、農林水産省より「平成30年度農山漁村振興交付金事業」を受託し、実施いたします

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング