英語だけでなく、国際ビジネスに立ちはだかる文化の壁も乗り越える! 多様でリアルな20のケースを題材に、実践的なビジネス英会話力を鍛える 『グローバルビジネス英会話 Advanced』 4月27日発売

PR TIMES / 2012年4月26日 10時40分



株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表:平本 照麿、以下アルク)より、アルクの「グローバル英語」シリーズ新刊『グローバルビジネス英会話 Advanced』のご案内を申し上げます。

2011年9月、アルクは、「英語の基礎力」「グローバルマインドセット」「発信力」を身に付け、世界を舞台に活躍したい方々を応援すべく、「アルクのグローバル英語」プロジェクトを始動いたしました。本書は同プロジェクトの一環として刊行されています。

◆グローバル人材に求められる力とは

グローバル人材をいうと、まずは「英語力」と考えがちです。もちろん、「英語力」はグローバルに仕事をするための必要条件ですが、それだけでは十分ではありません。

自分とは異なる文化の人たちと英語でビジネスをするとき、物事を日本の「常識」で見ると判断を誤ってしまうことがあります。ビジネスで成果を上げるためには「相手や状況をどう見るか(=グローバルマインドセット)」と「どんないい方をするか(=発信力)」がカギを握ります。

【参考】
「グローバル人材に求める資質」
グローバル人材採用実施企業の結果

1位 チャレンジ精神 63.2%
2位 異文化理解力 61.4%
3位 英語力 33.3%

※株式会社ジョブウェブ、レジェンダ・コーポレーション株式会社調べ「2013年新卒採用担当者意識調査(12月度)」より

◎どう見るか?⇒グローバルマインドセット
◎どう言うか?⇒発信力

本書では、この2つのカギを「グローバルマインドセット」「発信力」と呼び、解説の柱に位置付けました。多様でリアルな20のケースを題材に、日本人のための実践的なビジネス英会話力を鍛えます。

<英語と文化の壁をどうやって乗り越えるか。ケーススタディ形式で学習>
●早口の英語でまくしたてる、イスラエルのIT企業の営業を、どんな表現でこちらのペースに持ち込むか
●合意事項の変更をかたくなに認めようとしないドバイの役人と、どうやってWin-Winの関係を作っていくか
●遅刻が常習化しつつあるフィリピン子会社のデキル社員を、どうやってやる気にさせるか 
●完成予定日1週間前に「間に合わない」と報告してきた中国子会社のチームリーダーにどう対処するか など

上記のような状況で、どのようないい方が効果的か、それはなぜなのか、をケーススタディ形式で学習。

<商品情報>
【タイトル】『グローバルビジネス英会話 Advanced』
http://shop.alc.co.jp/spg/v/-/-/-/7012051/  
【定価】1,890円(税込) 【ISBN】978-4-7574-2086-1  
【サイズ】A5版  【頁数】216ページ  【CD】 1枚(約73分) 
【対象レベル】英語初中級以上  【共著】 田中宏昌、張 暁瑞

【共著】田中宏昌 
明星大学教授。専門分野はビジネス社会における英語でのコミュニケーションの研究。1999年から2001年までNHK教育テレビ『英語ビジネスワールド』の講師。国内外の企業や団体で研修プログラム開発のコンサルティングを実施。著書に『英語で電話をかける』(講談社インターナショナル)、『ビジネス英話 THE WORD 3000』(共著、語研)、など多数。

【共著】張 暁瑞(ジャン シャオルイ)
明星大学准教授。専門分野は社会言語学、日中異文化コミュニケーションの研究。2000年から日本の大手企業にて日中ビジネスコミュニケーションセミナーを実施。著書は『実践 中国で成功する人材マネジメントマニュアル』(共著、PHP研究所)『新TOEICテストテストパーフェクト模試200』(共著、コスモピア)など。


<既刊書>
『グローバルビジネス英会話 Basic』
http://shop.alc.co.jp/spg/v/-/-/-/7011091/

非ネイティブスピーカー同士が英語で信頼関係を築くための本
1)今の「手持ちの英語」を最大限生かす方法
2)非ネイティブスピーカー同士がうまく仕事をしていくコツ
3)よく使う英語表現  
を紹介。「使うための英語」を増やします。

【定価】1,890円(税込)【ISBN】978-4-7574-2028-1
【サイズ】A5版  【頁数】216ページ  【CD】 1枚(約73分) 
【対象レベル】英語初級以上  【共著】 田中宏昌、佐藤洋一


<日本人の“グローバル・コミュニケーションのための英語”推進プロジェクト>
「アルクのグローバル英語」 -20 億(※)の英語人口とつながる-

■「アルクのグローバル英語」とは
日本人がグローバルな環境でビジネスや活動を実践するための英語

【必要な3つの力は、「英語の基礎力」+「グローバルマインドセット」+「発信力」】

多様な国・文化の人々と協力・信頼関係を作るために必要なのは、「言葉」と「行動」です。アルクでは、下記の3つがそろってグローバルに活躍できると考えます。

1)共通言語としての英語の基礎力
2)多様な文化に関する基礎知識と、その多様性を認める広い心=グローバルマインドセット
3)今ある英語力を最大限活用して発信していく行動力

アルクは世界を舞台に活躍したい方々を応援すべく、教材・サービスを順次発表してまいります。

WEBサイト「アルクのグローバル英語」  http://www.alc.co.jp/eng/global/

※英語使用者数は、『データブックオブ・ザ・ワールド2011 年度版』『世界国勢図会2010/2011』より算出。


[株式会社アルクとは]http://www.alc.co.jp/
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた出版社です。語学情報ポータルサイト「SPACE ALC」をはじめ、『ENGLISH JOURNAL』などの学習情報誌、受講者数100万人を超える通信講座「ヒアリングマラソン」、eラーニング教材、書籍、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング