五木ひろしがオペラに挑戦!注目の演奏曲目が明らかに!『西本智実&五木ひろしスぺシャルコンサート』

PR TIMES / 2014年8月26日 14時29分

9月7日(月)14:00開場15:00開演 サントリーホール

TOKYO FMは、今年芸能生活50周年を迎える歌手・五木ひろしと、世界的に活躍する指揮者・西本智実の初共演となる『~五木ひろし50th anniversary~西本智実&五木ひろしスペシャルコンサート』を、9月7日(日)15時より、サントリーホールで開催いたします。
これに先駆けて、五木ひろしと西本智実が、音楽プログラム「BIG SPECIAL」(月-水26:00~)にゲスト出演。注目の演奏曲目や、初共演への意気込みを語りました。




◆初共演の意外なきっかけとは?
歌謡界のトップランナーと、世界的に活躍する指揮者。この異色の顔合わせが実現したきっかけについて、五木ひろしは「実は家内が西本さんの大ファンで、いつか共演して欲しいと言われていた(笑)。それで2年前に西本さんとお会いした時に、ぜひ一緒にやりましょう!と盛り上がったんです」と明かしました。西本智実も「私もオーケストラも、新しいものを創ることに興味があるので、五木さんとの共演は本当にうれしい!」と語りました。

◆「ふだんは出ない音域が出る!そんな瞬間にしたい」 五木ひろし
五木ひろしにとって、クラシックの殿堂サントリーホールで歌うことは長年の夢。「西本さんとの共演のおかげで、初めてサントリーホールの扉を開けることができた」という。今回は「トゥーランドット」のアリア「誰も寝てはならぬ」などオペラ3曲にチャレンジするほか、自身の曲「契り」「山河」「追憶」、日本の名曲など、すべてオーケストラとの共演で披露する。「ふだんは出ない音域が出る瞬間がある。ブラジルで“影を慕いて”を歌ったとき、キーが一音高かったのに歌うことができた。お客様が僕の気持ちを上げてくれたから。今回のコンサートもそんな瞬間にしたい」と語りました。

◆「ホールの響きと、お客様の呼吸を感じながら、新しい音を創る」 西本智実
西本智実は、歌謡曲という異なるジャンルへの挑戦について「五木さんの声とオーケストラ。その一番いいバランスを探すのが大事で、それは現場(サントリーホール)でやってみないとわからない。五木さんの声に寄り添う部分もあれば、オーケストラの生の音を前面に聴かせる部分もある。歌謡曲というより、1つの作品として、サントリーホールの響きを感じながら、お客様の呼吸を感じながら、新しい音を創りたい」と語りました。
五木ひろしと西本智実をゲストに迎える「BIG SPECIAL」、放送は9月2日(火)26:00~から。どうぞお楽しみに。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング