寝ている間も脂肪が燃える! すごすぎると話題の “ しょうがパワー” レシピ本 『脂肪燃焼!ジンジャースープ』 の出版記念、料理教室開催!

PR TIMES / 2013年12月24日 19時25分

角川書店ブランドカンパニー

発行:株式会社KADOKAWA/編集:角川書店、野菜料理家の庄司いずみ先生が「しょうが」の効能を思う存分活かしたレシピ本 『脂肪燃焼! ジンジャースープ』(2014年1月25日発売)の出版を記念した“ ジンジャー料理フルコース 料理教室 ” が、1月19日(日)11時~秋葉原の貝印株式会社 Kai House にて行なわれます。



今年の冬は例年より寒く、冷え症の人には、つら~い季節。そんな人にぴったりなのが、温め野菜No.1と言われる「しょうが」。漢方薬に使われている素材ですが、免疫力を上げてくれるだけでなく、代謝を上げてやせ体質を作ってくれる野菜なのです。辛み成分のショウガオールは、血管を拡張して血行を促し、末端の冷えを解消してくれるので、手足の冷えに悩む人にぴったり。さらに、年末年始のイベントで増えてしまった体重をなんとかしたい人にもオススメ。ダイエットに効果大のジンゲロールが体を温めて発汗を促進、また、ジンゲロンには体脂肪を燃焼させ、血液中の中性脂肪を下げる働きもあります。しょうがは、冷えを解消してくれるダイエットの強い味方なんです。このほかにも、しょうがの効果には近年とても注目が集まっており、「デトックス」「アンチエイジング」「美肌」など、女性に嬉しいものばかり。さっそく今日から取り入れてみたい!という人にオススメなのが、スープにして毎日飲む方法。しょうがと玉ねぎを炒めて、水を加えて煮るだけ。鍋いっぱいに作りおきしておいて、お椀に注いでから醤油や味噌などで味付けすれば、飽きずに続けられます。この方法で、1週間で3kgやせた人もいるというから驚き! 詳しいレシピは「脂肪燃焼! ジンジャースープ」(角川書店)という本に載っています。目からウロコの超簡単レシピ、まずは、ベースのジンジャースープの作り方をお試しあれ!


<材料>
玉ねぎ500g、しょうが50g、油大さじ1 
<作り方>
1.玉ねぎは薄切りにし、しょうがは細切りにする。 
2.鍋に油を熱して、1.を中火で5分炒める。 
3.水1リットルを加えてひと煮立ちさせたら火を止め、粗熱を取ってできあがり。


そのまま食べても優しい味ですが、調味料やスパイスをプラスすれば、色々な味付けで楽しめます。例えば、和風にしたいなら、味噌や梅干し、韓国風にしたいなら、コチュジャンやごま油、エスニック風ならパクチーやココナッツミルクなどを入れれば、何変化もさせられちゃいます。ぜひ、お試しあれ!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング