デジタルハリウッド伝統のアワード『DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2012』、CG映像部門最優秀賞はSSFF&ASIAで上映、“ワーナー・オンデマンド THE EDGE賞”新設

PR TIMES / 2012年3月15日 14時0分



 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッドでは、来る4月8日(日)、『DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2012(DF2012)』(2011年度優秀作品発表会)を開催いたします。

 ■DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2012(DF2012): http://www.dhw.co.jp/df12/

 「DF2012」 は、国内外のコンテンツ業界に多数のクリエイターを輩出しているデジタルハリウッドが設立当初より主催する伝統的なクリエイティブアワードです。

 今回は、弊社の未来に向けた取り組みにご賛同頂いた大和リース株式会社のご協力を得て開催することとなりました。

 四年制大学、大学院、専門スクール、オンラインスクールのデジタルハリウッド全ての教育機関の2011年度のアウトプット作品より、CGアニメーション、グラフィックアート、Webコンテンツ、アプリコンテンツなど約1,000点の作品の中から約20作品を厳選。
 各分野の最前線で活躍するアーティストや研究者の方々に審査をいただき、グランプリ、準グランプリ、優秀作品を決定いたします。

 DFの過去の入賞作品には、全30カ国の映画祭・コンテストで上映、「東京国際映画祭」では特別賞受賞、DVDシリーズの売り上げが50万枚を突破した『スキージャンプ・ペア』をはじめ、また、世界最大のCGカンファレンス「SIGGRAPH(シーグラフ)」のComputer Animation Festivalで上映された『Muscular union』、SPACETIMEで上映された『Juggler』『Shading』など、国内外で飛躍を遂げるクリエイターや作品が多数誕生しています。

 DF2012 では、ハリウッド・メジャースタジオとして日本で最大規模の会員を擁するワーナー・ホームビデオの公式動画配信サイト「ワーナー・オンデマンド」が、世界のショートフィルムクリエイターを応援していく目的で立ち上げたレーベル“THE EDGE”がスペシャルアワード「ワーナー・オンデマンド THE EDGE賞」を特別設置。
 受賞作品はワーナー・オンデマンド公式ページにて紹介されます。

 さらに、DFのCG・映像部門の最優秀作品については、2012年6月より開催される米国アカデミー賞公認アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2012」にて映画祭初となる“CG部門”の特別招待作品として上映されます。

 今年も、アジアや世界に向けて作品を発信する機会が新たに生まれた本イベント。
 未来のクリエイターがデビューする 「DF2012」に是非ご期待ください。
 
 当日はUstreamによる中継もおこないます。
 ・Ustream :  http://www.ustream.tv/channel/dhw-live



■DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2012 
 (2011年度 優秀作品発表会)
日程 :2012年4月8日(日)15:00~17:30 (開場:14:45)
場所 :有楽町朝日ホール
    東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン 11F
定員 :750名(入場無料・要予約)
参加方法 :一般予約につきましては下記よりお申込ください。
       http://www.dhw.co.jp/df12/

【プログラム内容】
各部門 受賞作品発表・表彰
ワーナー・オンデマンドTHE EDGE賞 受賞作品発表・表彰
デジタルフロンティアグランプリ 最優秀賞 発表・表彰

 ●昨年の模様はこちらをご覧ください
 DF2011 :  http://www.dhw.co.jp/df11-review/


■Supported by
 Daiwa Lease Co., Ltd (大和リース株式会社)

■協賛企業
・特別協賛
 ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社

・協賛(五十音順)
 アドビシステムズ株式会社
 株式会社アフューズ・アドワークス・ラブ
 ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2012
 株式会社デジタル・ナレッジ
 デジタルハリウッド校友会
 トランスコスモス株式会社
 パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
 株式会社paperboy&co.
 株式会社ワコム

 主催 :デジタルハリウッド株式会社


■大和リース株式会社

「事業を通じて人を育て、企業を通じて社会を育てる」というコンセプト
で事業展開する大和リース株式会社は、「未来に貢献できる人材を育成す
るとともに、自らも未来について考え、創造し続ける存在でありたい」と
いうデジタルハリウッドのコンセプトに賛同。
“次の未来”の創造に向けて、「DF2012」を支援するとともに、今回の
取り組みを契機に、今後両社で未来に向けた取り組みを推進してまいります。


■「ワーナー・オンデマンド THE EDGE賞」

上質なショートフィルムの紹介、配信を通して、クリエイターの支援に
つなげることをコンセプトとして設立したワーナー・ブラザース公式動画
配信サービス「ワーナー・オンデマンド」( http://wod.jp)内のショート
フィルム専門レーベル「THE EDGE」( http://wod.jp/edge)がクリエイター
を支援するために設置したスペシャルアワードです。
「DF2012」にて、CG・映像部門作品の中から技術的・芸術的な両面で、
「THE EDGE」が配信している海外のショートフィルムに匹敵するクオリティ
を持つ作品を審査し、賞を授与する予定です。
「ワーナー・オンデマンド THE EDGE」賞受賞作品は、いち早く「ワーナー
・オンデマンド」サイト内で無料公開するとともに、受賞者には、今後の
クリエイティブ活動に活用していただけるよう、副賞として「ワーナー・
オンデマンド」で利用できるポイント100,000pt(新作映画視聴:250本分
相当)をプレゼントいたします。





企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング