ICOM京都大会 2019開催記念 小説家・原田マハが仕掛ける 初の展覧会「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート展」京都、世界遺産・清水寺で8日間限定公開

PR TIMES / 2019年7月5日 15時40分

「CONTACT/CONNECT 展」実行委員会、京都新聞、BS日テレ、anonyme は、2019 年 9 月 1 日(日)~8 日(日)までの 8 日間、ICOM(アイコム/国際博物館会議)京都大会を記念して、日本と世界のアートにおける両者の接点(コンタクト)をテーマに、「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート」展を開催します。
 会場となるのは世界遺産・清水寺。その 1200 年の歴史の中で初めて、西洋近代絵画、現代美術、文学、マンガ、映画など、ジャンルを越えた作品が集結する展覧会を開催。小堀遠州の作庭による素晴らしい庭園(通常非公開)と共に展示を堪能いただけます。
 あわせて本展の総合ディレクターを務める小説家・原田マハが本展を舞台に書き下ろした小説「20 CONTACTS 消えない星々との短い接触」を幻冬舎より刊行。展覧会では原田マハによる全作品の解説と小説の一部を掲載したタブロイド紙を無料配布します。小説を片手に特別な空間で名作と出会う、8 日間限定の贅沢な展示をお楽しみください。



[画像1: https://prtimes.jp/i/7254/457/resize/d7254-457-625843-0.jpg ]

1.互いに影響を与え合う日本と世界のアートがジャンルを超えて集結
 日本と世界のアートは接点を持ち、互いに刺激を与え、影響を与えあってきました。日本美術を通して新しい表現を見出したポール・セザンヌ、南仏でマティスに師事した猪熊弦一郎、哲学者・矢内原伊作と深い交流を持ったアルベルト・ジャコメッティ、四半世紀以上も日本で個展を開催し続けてきたゲルハルト・リヒターなど、日本と積極的に接触をした外国人アーティスト、そして国際的に活躍した日本人アーティストの作品をあわせて展示することにより、日本と世界のアートがどのように融和してきたかを展観します。あわせて美術のみならず、文学、マンガ、映画など、ジャンルを横断したユニークな展示もみどころです。


[画像2: https://prtimes.jp/i/7254/457/resize/d7254-457-944132-1.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/7254/457/resize/d7254-457-414167-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/7254/457/resize/d7254-457-480260-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/7254/457/resize/d7254-457-666861-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/7254/457/resize/d7254-457-696064-5.jpg ]

2.世界遺産・清水寺で初となる西洋近代絵画の展示、現代美術のインスタレーション
 会場となるのはそれ自体が日本を代表する文化財である世界文化遺産・清水寺。そもそも寺院は御用絵師を住まわせ、作品を創らせ、それを発表するアートの擁護者としての長い歴史を持ついわば日本におけるミュージアムの原点ともいえる存在であり、ICOM 京都大会を記念した本展の会場としてまさにふさわしい場といえます。
いずれも通常非公開の「成就院」での美しい庭園を背景とした作品展示、「経堂」でのゲルハルト・リヒターによる映像作品の公開は、来場者に特別な鑑賞体験をもたらします。
 また日本屈指のインスタグラム・スポットである入り口正面の重要文化財「西門」、「馬駐」のフリーゾーン(チケット無しで鑑賞可能)では現代アーティストの加藤泉のインスタレーションを展示、清水寺を訪れる世界中からの来場者にアートに触れる機会を提供します。

*世界文化遺産 清水寺について
[画像7: https://prtimes.jp/i/7254/457/resize/d7254-457-115550-6.jpg ]

 平安時代に征夷大将軍 坂上田村麻呂(さかのうえ の たむらまろ)が開いたと伝えられています。境内には国宝と重要文化財を含む 30 以上の伽藍や、碑が立ち並び、これらの多くは江戸時代の初め、3 代将軍の徳川家光によって再建されたものです。本堂は「清水の舞台」として親しまれており、舞台からの眺めはすばらしく、平成 6 年に世界文化遺産に登録されました。

3.発起人・総合ディレクターを務めるのは小説家・原田マハ
展覧会開催にあわせ関連小説「20 CONTACTS 消えない星々との短い接触」を発表
本展はキュレーターとしてのキャリアをもつ小説家・原田マハが、第二次世界大戦後に発足した ICOM の戦争で分断された世界をミュージアムで再びつなごうという設立趣旨に共感し、ICOM 京都大会の開催にあわせて自ら発起人となり総合ディレクターを務める企画です。
 ICOM の存在を一般にもっと広く知ってもらいたい、同時に、世界中から集まる 3000 人のミュージアムの専門家に、日本各地に存在する素晴らしい美術館や、そこに収蔵される名作の数々を知ってもらいたい、そんな願いからこの展覧会は誕生しました。
 会場では原田マハが執筆した全作品の解説と、本展にあわせて発表予定の短編小説「20 CONTACTS 消えない星々との短い接触」(幻冬舎より 8 月発売予定)からの一部抜粋をタブロイド紙に掲載して無料配布。小説を片手に展示作品を鑑賞するという特別な体験をお楽しみいただけます。
[画像8: https://prtimes.jp/i/7254/457/resize/d7254-457-726870-7.jpg ]

原田マハ
1962年、東京都 生まれ。関西学院大学(近代文学 、早稲田大学 20 世紀美術史) 卒業 。馬里邑美術館、伊藤忠商事を経て、森美術館設立準備室在籍時、ニューヨーク近代美術館に派遣され同館にて勤務。その後、インディペンデント・キュレーターとなり数々のアートイベントを手がける。2005 年『カフーを待ちわびて』で日本ラブストーリー大賞を受賞しデビュー。2012 年に発表したアートミステリー『楽園のカンヴァス』 が山本周五郎賞を受賞、ベストセラーに。
2017年『リーチ先生』が新田次郎文学賞を受賞。『暗幕のゲルニカ』『ジヴェルニーの食卓』『サロメ』『たゆたえども沈まず』『モダン』『常設展示室』など、アート や美術館を主題にした「アート小説」を多数発表 。最新刊は、国立西洋美術館の礎となった松方コレクションを巡る物語『美しき愚かものたちのタブロー』

*ICOM(アイコム/国際博物館会議)とは?
戦後間もない 1946 年に発足した、世界中の美術館/博物館の国際会議で、3 年に一度 30 の国際委員会が一堂に会する大会が開催される。

4.多彩なゲストを迎えてのトークイベント「CONTACT.ALK:アート経由・日本と世界のつなぎ方」
 会期中は清水寺・大講堂にて本展総合ディレクターの原田マハが、竹中直人(俳優)、山田洋次(映画監督)、桂南光(噺家)など多彩なゲストを迎えるトークイベント「CONTACT.ALK:アート経由・日本と世界のつなぎ方」を開催します。
[画像9: https://prtimes.jp/i/7254/457/resize/d7254-457-321379-8.jpg ]

トークイベント プログラム  ※タイトルは変更の可能性があります。
9月2日(月)16時~ (開場15時30分)
「CONTACT ARTISTS:もしも私がゴッホに会いにいくなら 芝居と小説・アートを探して」
出演:竹中直人(俳優)/ 原田マハ

9月4日(水)16時~(開場15時30分)
「CONTACT STARS: 星々との交信 日本と世界の映画をつなぐもの」
出演:山田洋次(映画監督)/ 原田マハ

9月6日(金)14時30分~(開場14時)
「CONTACT SMILES: そらもうアートが大好きでんねん! 南光・マハの夢中でアート談義」
出演:桂南光(噺家)/ 原田マハ

9月7日(土)14時~(開場13時30分)
「CONTACT BIZ. アートビズの時代 ビジネスエリートは美術館にいる」
出演:御立尚資(ボストン コンサルティング グループ(BCG)前日本代表、シニア・パートナー&マネージング・ ディレクター 公益財団法人大原美術館理事)/ 原田マハ

会場:清水寺 大講堂
チケット料金:各回3,500円 /展覧会とのセットチケット 5,000円
前売券:7月4日(木)より専用サイト(公式サイトリンク)にて先行発売
7月13日(土)より「チケットぴあ」にて発売

「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート展」概要
会期:2019 年 9 月 1 日(日)~ 9 月 8 日(日)
※会期中無休開催時間:7時~18時(最終入場は17時)
会場:清水寺(京都市東山区清水 1 丁目294)成就院、経堂、西門、馬駐
入場料:大人 1,800 円、子供(小学生以下)無料
*モーニングチケット(7 時~9時入場)大人 1,600 円、子供(小学生以下)無料
*トークイベントとのセットチケット 5,000 円

前売券:7月4日(木)より専用サイト(公式サイトリンク)にて先行発売7月 13 日(土)より「チケットぴあ」にて発売

主催:「CONTACT/CONNECT 展」実行委員会、京都新聞、BS日テレ、anonyme
後援:ICOM 京都大会 2019 組織委員会、京都仏教会、京都府、京都市、京都市教育委員会
協力:清水寺、清水寺門前会、三楽苑、MBS、ギャラリー小柳、ペロタン、株式会社オフィスマリーン
助成:文化庁 2019 年度日本博を契機とする文化資源コンテンツ創生事業「イノベーション型プロジェクト」

事業名:CONTACT/CONNECT つなぐ·むすぶ 日本と世界のアート
*「CONTACT/CONNECT 展」実行委員会は当事業において、本展覧会のほか ICOM の会員を対象とした一般非公開の企画「CONNECT 展」を同時期に開催します。

お問い合わせ:「CONTACT/CONNECT 展」実行委員会
事務局E-mail: info@contact2019.com
TEL: 075-351-9915(チケット販売窓口:株式会社のぞみ内)
*電話応対時間:10:00-18:00 *土日祝・お盆休暇除く

CONTACT 展公式ホームページ http://www.contact2019.com
[画像10: https://prtimes.jp/i/7254/457/resize/d7254-457-354930-9.jpg ]

2019年度日本博を契機とする文化資源コンテンツ創成事業

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング