大空直美が桑島法子の京ことばに激萌え!?アニメ『いなり、こんこん、恋いろは。』新春初お披露目inアニメイト池袋本店

PR TIMES / 2014年1月15日 14時14分

角川書店 ブランドカンパニー

本日1月15日(水)よりTVアニメがスタートになる『いなり、こんこん、恋いろは。』放送に先駆けて、本編1話の完全版が上映されるイベントが1月8日にアニメイト池袋本店9Fアニメイトホールにて実施された。アニメの主演声優を務める大空直美も出席し、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。



『いなり、こんこん、恋いろは』は京都・伏見稲荷に暮らす中学生の青春を彩る、恋と友情の物語~。少女と神様の“京都はんなり”変身ラブストーリー。本日、1月15日(水)より東京MX、KBS京都、テレ玉他にて全国順次放送が開始される。1月クールのアニメーションとして期待値が非常に高く、先月には京都伏見稲荷でイベントを実施するなど、話題の作品となっている。


その放送直前に、オープニング・エンディング映像も含めた完成したばかりの本編映像完全版が、1月8日(水)にアニメイト池袋本店9Fアニメイトホールにて上映された。本編が始まると観客はため息をもらすなど、アニメのクオリティの高さに感嘆しながら、スクリーンに食い入るように映像を観覧していた。上映後はイベントのゲストとして、本作の主演:伏見いなりを演じる大空直美さんが登場!アニメの収録模様など舞台の裏側の話題も披露された。


本作の見所となる、映像の美しさや、初主演の意気込みなど、思いのたけを語っていただいた。今回のアニメ『いなり、こんこん、恋いろは。』のセリフはそのほとんどが舞台となる京都で使われている“京ことば”。方言指導の話題にうつると、共演している桑島法子さんの演技に触れ「桑島さんの京ことばはすごくかわいいです! いつも、悶えています。」とコメント。会場は笑いに包まれた。さらに会場の観客へ“お年玉”として大空さんのサイン入り『いなり、こんこん、恋いろは。』のコミックスのプレゼントが登場!争奪戦となるジャンケン大会も非常に盛り上がり、会場は大盛況のうちに幕を閉じた。


―大空直美さん 1問一答コメント―


――初主演作ですね!


ありがとうございます。オーディションを受けて、それで決定しました。

原作は読んでいたのですが、「どんくさい自分が嫌」と悩むいなりちゃんに共感して、とても他人事とは思えなかったです。私にも同じようなところがあって。現在進行形で悩んでいます・・・。(苦笑)


――原作の印象は?


沢山の神様が登場しておもしろいですよね。うか様はゲームが好きですし。こんな神様がいたらいいな、って。みんな個性的です。そして、思春期の女の子のゆれうごく気持ちがいっぱい詰まった、素敵な作品だなと思いました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング