<マイナビとヘイグループ> 初の共同開発研修サービス『新入社員公開研修アドバンス』を実施

PR TIMES / 2014年2月5日 11時38分

~ 3日間で新入社員を磨き上げる、新しいコンセプトの新入社員研修 ~



株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川 信行)と、組織・人事コンサルティングのヘイグループ(日本法人:株式会社 ヘイ コンサルティング グループ 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高野 研一)は、この度、新入社員を対象とした研修サービスを共同で開発しました。本研修サービスは、両社による初の共同開発研修サービスで、2014年4月21日(月)から4月23日(水)の3日間での開催を予定しています。

今回開発した研修サービスは、「<マイナビ研修サービス>育成力強化シリーズ公開研修『新入社員研修アドバンス』」(以下:『新入社員公開研修アドバンス』)で、マイナビが若手社員研修で培ってきたノウハウと、ヘイグループがグローバルで培ってきたノウハウを融合させた、まったく新しいコンセプトの研修サービスです。
近年、企業を取り巻く環境は大きく変化し、新入社員に求められる行動や能力は複雑化しています。さらに、バブル崩壊やIT革命などの時代の変革期に幼少期を過ごしてきた昨今の新入社員らは、基本能力・スキルは高い一方で、社会人に求められる意識・行動・能力、例えば「自ら働きかけるコミュニケーション力」などについては磨く機会・経験が限定的で現場社員とのギャップが大きくなっています。

『新入社員公開研修アドバンス』では、「仕事に対して前向き」「自ら考えて行動できる」「早期に戦力になる」といった新入社員の育成を目的としています。社会人人生の始まりである新入社員の時期は、“社会人としての価値観を左右する大切な時期”です。そのタイミングで充実した教育を受けることは本人の成長にとっても、企業にとっても大きな財産になります。マイナビでは、従来提供してきた新入社員研修サービスに加え、このギャップを早期に埋め、“新入社員と企業とのより良いマッチング”と“新入社員の早期戦力化”に繋げるため、ヘイグループと共同で、『新入社員公開研修アドバンス』を開発しました。4月の入社時研修後の3日間で開催予定です。
 この共同開発をきっかけに、今後はヘイグループがこれまでの調査研究や実績をもとに開発した人材育成の手法やツールを活用して、学生を対象としたサービスや新たな研修の開発を検討していきます。

『新入社員研修アドバンス』の特徴
■『実践』を重視したプログラム
入社時に実施する新入社員研修時期の2~3週間後に実施します。「より早期に戦力化する」「環境に負けない強さを身につける」ために『実践』に重きを置いた3日間の集中プログラムです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング