イオン チアーズクラブの子どもたちが「リサイクル工場見学エコツアー」に参加

PR TIMES / 2015年10月7日 9時40分

イオンは、3R月間である10月より、全国のイオン店舗を拠点として地域で環境活動に取り組むイオン チアーズクラブの教育プログラムとして、食品トレーやペットボトルなどの資源の再利用について学ぶ「リサイクル工場見学エコツアー」を順次実施します。


「リサイクル工場見学エコツアー」について

◆近年のごみ問題や3R※などについて、リサイクル工場で実施される勉強会に参加します。

◆同リサイクル工場にて、食品トレーやペットボトルなどの廃棄物のリサイクル工程を見学します。

◆工場見学終了後、イオン店舗にて、実際に店頭で回収している廃棄物の種類や、回収に関する手順を学びます。

◆子どもたちに加えて保護者の方々やイオンの従業員も参加することで、リサイクルに関する知識の周知に努めます。

※3Rとは
Reduce(廃棄物の発生抑制)、Reuse(再使用)、Recycle(再生利用)

このたびの「リサイクル工場見学エコツアー」は、食品トレーの製造などを手掛ける株式会社エフピコのご協力のもと開催します。第1回となる10月9日(金)、イオン広島祇園店のイオン チアーズクラブの子どもたちや保護者の方、店舗従業員が同社の福山リサイクル工場を見学します。

イオンはこれからも、次代を担う子どもたちの「夢のある未来」の実現に向けて、さまざまな環境活動を提案し取り組んでまいります。

【「リサイクル工場見学エコツアー」について】
・10月9日(金)
 イオン広島祇園店のイオン チアーズクラブの子どもたち6名、保護者の方5名などが株式会社エフピコの福山リサイクル工場を見学予定

・11月13日(金)
イオン土浦店、つくば店、つくば駅前店のチアーズクラブの子どもたちや保護者の方が同社の関東リサイクル工場を見学予定

※10月、11月は「県民の日」などにより休校となる地域の子どもたち限定の特別企画として実施します。
今後、夏休みなどを利用して全国のイオン チアーズクラブの子どもたちに体験していただく計画です。


イオンチアーズクラブの活動について

イオンは、公益財団法人イオンワンパーセントクラブの事業である、イオンチアーズクラブの活動に参画しています。同クラブは、子どもたちが地域の環境問題に関心を持ち、考える力を育てるとともに集団行動を通じて社会的なルールやマナーを学んでいくことを目的とした活動です。

イオンは、次代を担う子どもたちの健やかな成長を支援していくために1997年より本活動を開始し、現在全国約430クラブ、約7,600人の子どもたちが、農業体験やエネルギー学習などさまざまな取り組みを通じて環境問題への理解を深めています。

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング