NPO/NGOの組織基盤強化を支援「Panasonic NPOサポート ファンド」2012年募集事業の助成先を決定

PR TIMES / 2012年11月19日 11時46分



パナソニック株式会社は、NPO/NGOの組織基盤強化を支援する助成プログラムである「Panasonic NPOサポート ファンド」の2012年募集事業の助成先を決定しました。

▼2012年募集事業 助成先一覧、選考総評はこちら
http://panasonic.co.jp/citizenship/pnsf/cbf/2012r/jyosei.html

今年6月に公募した「組織診断助成」では環境分野3団体、子ども分野5団体の助成が決定しました。また、「キャパシティビルディング助成」では、2012年助成先の中から環境分野3団体、子ども分野3団体を助成します。 ※キャパシティビルディング=組織基盤強化

2012年度の助成額は、今回の助成と、夏に決定した「キャパシティビルディング助成」環境分野3団体、子ども分野5団体とあわせ、環境分野1,492万円、子ども分野1,500万円、総額2,992万円になります。

Panasonic NPOサポート ファンドは、環境分野と次世代育成支援分野の社会課題解決に取り組むNPOの組織基盤強化を支援する助成プログラムです。
助成テーマを、「組織診断にもとづくキャパシティビルデイング」とし、第1段階で、第三者による客観的な視点・多様な視点をとり入れた組織診断を実施し、自ら課題解決策を策定する取り組みを支援します。さらに第2段階で、組織診断にもとづき企画立案された具体的なキャパシティビルディングの取り組みを支援します。

パナソニックは、社会課題の解決の促進に向けて市民活動が持続的に発展していくためには、NPOのキャパシティビルディング(組織基盤強化)が必要であるとの認識のもと、2001年に本ファンドを設立。以来、一貫してNPOのキャパシティビルディングを支援し、219件2億6千万円の助成をしています。

社会からNPOに寄せられる期待が大きい今、NPOのキャパシティビルディング支援を通じて市民活動の持続的発展、社会課題の解決促進、社会の変革に貢献してまいります。

【Panasonic NPOサポート ファンド 2012年募集事業 助成団体】
■環境分野6団体

<組織診断助成>

 特定非営利活動法人 さっぽろ自由学校「遊」
 代表者:宮内泰介(共同代表) 所在地:北海道 助成額:100万円

 特定非営利活動法人 スペースふう
 代表者:永井寛子(理事長) 所在地:山梨県 助成額:95万円

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング