1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ショートショート フィルムフェスティバル & アジアに<CG部門 supported by デジタルハリウッド>を新設、映画監督・曽利文彦、映画コメンテーター・LiLiCoが審査員に決定!

PR TIMES / 2012年5月15日 16時10分



 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社は、米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)」(代表:別所哲也)において、映画祭初となる【CG部門】を設立、このたび上映作品ラインナップと審査員が決定いたしました。

 SSFF & ASIA とデジタルハリウッドがコラボレーションをし、世界トップレベルのCG作品を国内に紹介するとともに、日本から世界基準のCGクリエイターを発信していくことを目指し、映画祭初となる【CG部門】を設立いたしました。

 2011年度にスタートしたCGプログラムが、今年はCG部門に拡大。オフィシャルコンペティションとのダブルエントリーが可能になり、アカデミー賞ノミネートのチャンスも広がりました。

 海外映画祭で賞の獲得を狙う最新注目作やハリウッド作品も顔負けのエンタテインメント作品まで、日本、ドイツ、スペイン、クロアチア、オランダ、デンマーク、フランスなど世界各国から集まったハイクオリティなCGショートフィルム全15作品を上映いたします。

 また、デジタルハリウッドが主催するクリエイティブアワード、『DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2012』のグランプリ作品の『Ride On』も上映されます。
審査員は曽利文彦(映画監督)、LiLiCo(映画コメンテーター)、そして本学学長の杉山知之の3名が務めます。

 優秀賞は6月24日(日)に明治神宮会館にて行われるアワードセレモニーにて発表され、賞金60万円が授与されます。



【上映ラインナップ *一部抜粋】

第83回(2011)米国アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート作品
『英国王のスピーチ』のヘレナ・ボナム=カーターが声の出演
『グラッファロー / The Gruffalo』  <CG-A>
監督: Max Lang & Jakob Schuh / イギリス・ドイツ / 26:54 / 2009
イギリスの児童文学作家、ジュリア・ドナルドソンの絵本原作。
絵・アクセル・シェフラー。森の中を散歩するねずみの不思議なお話。
3匹の天敵に遭遇するが、とんちをきかせて、その場をくぐりぬける。


DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2012
CG映像部門最優秀作品
『Ride On』  <CG-A>
監督:大場諒 窪田啓基 小宮健太郎 高橋あゆみ 八谷法道 / 
日本 / 4:52 / 2012
蒸気機関が発達し、様々な種族が共存する世界。
少年セクトは、困っている人々を次々と救っていく様な、
そんな格好良いヒーローに憧れていた。
今日もまた、セクトは格好良い自分になる為に街へ飛び出したのだった。


『天使にラヴソ・ングを…』のウーピー・ゴールドバーグが声の出演
『花の散るらむ / Descendants』  <CG-B>
監督:Heiko van der Scherm / ドイツ / 14:32 / 2008
森の片隅に咲く2輪の花。
年をとり不満げな赤い花と、若く美しい白い花。
彼女たちの前に現れた、ある“訪問者”によって2人の運命が
大きく変わろうとしている。


米・VESアワード2011短編アニメーション部門ノミネート
『キャットシットワン アニメイテッドシリーズ
/ Cat Shit One-The Animated Series』  <CG-B>
監督:笹原和也 / 日本 / 21:50 / 2010
舞台は中東。
アメリカの民間軍事会社の社員が現地の武装組織の人質となった。
同社の特殊部隊隊員であるパッキーとボタスキーは、
偶然にも人質たちを見つけてしまう。
人質の命が危ないと判断したパッキーは、
援軍を待たずに、たった二人で救出作戦を始める。



【CG部門 supported by デジタルハリウッド 上映日程】

<CG-A>
6月17日(日) 13:20-15:10 会場:ラフォーレミュージアム原宿
6月19日(火) 19:20-21:10 会場:ブリリア ショートショート シアター(横浜)
6月23日(土) 12:50-14:40 会場:ブリリア ショートショート シアター(横浜)
<CG-B>
6月17日(日) 15:00-16:50 会場:ブリリア ショートショート シアター(横浜)
6月24日(日) 11:15-13:05 会場:表参道ヒルズ スペース オー
6月30日(土) 10:45-12:35 会場:ブリリア ショートショート シアター(横浜)



【CG部門 supported by デジタルハリウッド 審査員】

曽利文彦 (映画監督)
映画監督。TBS所属。96年南カリフォルニア大学(USC)大学院映画学科留学。
同96年に、ジェームズ・キャメロン創設のデジタルドメイン社に参加し、
『タイタニック』のVFXを手掛ける。
他にも数多くの邦画やテレビドラマでVFXスーパーバイザーを務めた後、
02年『ピンポン』で映画監督デビューを飾り、数多くの映画賞に輝く。
04年、フルCGアニメーション映画『APPLESEED』をプロデュース。
07年、映像制作スタジオOXYBOT設立。
同社でフルCGアニメーション映画『ベクシル 2077日本鎖国』を制作、監督。
その他、実写映画の監督作品には『ICHI』(08)、『あしたのジョー』(11)などがある。
最新作は『ドラゴンエイジ ブラッドメイジの聖戦』(12)。


LiLiCo (映画コメンテーター)
スウェーデン・ストックホルム生まれ。
スウェーデン人の父と、日本人の母を持つ。
18歳で来日、1989年から芸能活動をスタート。
現在TBS「王様のブランチ」に映画コメンテーターとして出演中。
映画・ファッションのイベントMCやトークショー、ラジオにも多数出演。
声優として映画やアニメ「サウスパーク」のワガママ身勝手なデブ“カートマン”
を演じるなどマルチに活躍する映画コメンテーター。


杉山知之 (デジタルハリウッド大学 学長 )
1954年東京都生まれ。87年よりMITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。
90年国際メディア研究財団・主任研究員、93年 日本大学短期大学部専任講師
を経て、94年10月 デジタルハリウッド設立。
2004年日本初の株式会社立「デジタルハリウッド大学院」を開学。
翌年、「デジタルハリウッド大学」を開学し、現在、同大学・大学院・スクール
の学長を務めている。
2011年9月、上海音楽学院(中国)との 合作学部「デジタルメディア芸術学院」
を設立、同学院の学院長に就任。
福岡コンテンツ産業振興会議会長、内閣官房知的財産戦略本部コンテンツ
強化専門調査会委員を務め、また「新日本様式」協議会、CG-ARTS協会、
デジタルコンテンツ協会など多くの委員を歴任。
99年度デジタルメディア協会AMDアワード・功労賞受賞。



【杉山知之がCGの魅力について語る:トークイベント開催】

SSFF & ASIA 2012 開催に先立ち、ショートフィルムの楽しさ・面白さを
いち早くお伝えするため、5月26日(土) 27日(日)都庁都民ホールにて
プレ上映会を開催。
アカデミー賞ノミネート作品を含む6作品75分のプログラムを上映します。
5/27日(日)12:00からの回は、今年の映画祭新設プログラム
「CG部門supported by デジタルハリウッド」より、最新のCG技術に感動
する上映ラインナップを先駆けてご紹介。
上映後は、デジタルハリウッド学長・杉山知之がCGの魅力を語るトーク
イベントも開催します。
デジタルハリウッド卒業のクリエイターが選ぶ、デジタルフロンティア
優秀賞受賞作品も上映。
無料の上映イベントとなっております。
http://www.shortshorts.org/2012/ja/film/tokyo-pre.php

●5月26日(土)
1)12:00-13:15 2)13:35-14:50 3)15:10-16:25 4)16:45-18:00 5)18:20-19:35
●5月27日(日)
1)12:00-13:15 CG作品上映+デジタルハリウッド杉山知之学長のトークショー
2)13:35-14:50 3)15:10-16:25 4)16:45-18:00 5)18:20-19:35
場所:都庁都民ホール
入場料:無料
会場へのアクセス:プレ上映会の両日とも、都民広場側からの建物入口は
         閉まっております。建物入り口へは、都営地下鉄大江戸線
         「都庁前駅」A2出口が最寄となりますので、そちらをご利用ください。



【SSFF & ASIA 2012チケット販売に関して】

会場:表参道ヒルズ スペース オー/ラフォーレミュージアム原宿/ブリリアショートショートシアター

<チケット価格(税込)>
1プログラムチケット  前売:1,200円 当日:1,400円
3プログラムチケット  前売:2,700円 当日:3,000円
スペシャルパスポート  前売:8,000円 当日:9,000円
当日券1プログラムにつきましては、下記の割引がございます。
学生割引:1,000円 ※学生証を提示
特別割引:(シニア60歳以上・ハンディキャップ・小人)800円
※身分証、障害者手帳を提示 ※小人3歳~小学生以下
<チケット販売>
チケットぴあ各店舗 
前売券発売日:5月11日(金)
<注意事項>
※当日券は映画祭開催期間中、ラフォーレミュージアム原宿、
表参道ヒルズ スペース オーの劇場窓口にて販売します。
※オールナイト上映のTOHOシネマズではご利用できません。


会場:TOHO シネマズ 六本木ヒルズ 

<チケット価格(税込)>
1 プログラムチケット 前売/当日:1,500 円
1DAY チケット     前売/当日:3,000 円
<チケット販売>
TOHO シネマズ 六本木ヒルズ劇場窓口
インターネット:www.tohotheater.jp/
チケット発売日5月19日(土)
<注意事項>
※チケットは劇場窓口とホームページにてお買い求めいただけます。
※3プログラムチケット、スペシャルパスポートはご利用できません。
※全席指定席となります。当日券の販売はございません。



【会場・日程】

会場:ラフォーレミュージアム原宿 (東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6F )
日程:2012年6月15日(金)~19日(火) 

会場:表参道ヒルズ スペース オー (東京都渋谷区神宮前4-12-10表参道ヒルズ本館地下3F )
日程:2012年6月22日(金)~24日(日)

会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ/オールナイト上映 (東京都港区六本木6-10-2 けやき坂コンプレックス)
日程:2012年6月15日(金)・16日(土) 

会場:ブリリア ショートショート シアター(横浜開催) (横浜市西区みなとみらい5-3-1フィルミー2F)
日程:2012年6月16日(土)~30日(土) 



【ショートショート フィルムフェスティバル & アジアとは (www.shortshorts.org)】

●米国俳優協会(SAG)の会員でもある、俳優 別所哲也が創設者としてスタート
新しい映像ジャンルとして「ショートフィルム」を日本に紹介するため、
別所哲也が創設者として1999年に東京・原宿で誕生した映画祭。
2004年からは、日本作品を含むアジア諸国の作品を紹介する
「ショートショート フィルムフェスティバル アジア」を設立し、現在は
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(以下SSFF & ASIA)
として、アジア最大級の国際短編映画祭へと成長しました。
海外映画祭との幅広いネットワークをいかし、日本作品を海外へ向けて
発信する活動も、積極的に行っています。


●日本で唯一 米国アカデミー賞公認国際短編映画祭
2004年6月には米国アカデミー賞公認映画祭に認定されるという栄誉を受け
ました。これにより、映画祭でグランプリを獲得した映像作家の作品が、
次年度のアカデミー賞短編部門のノミネート選考に入ることになり、日本
からオスカー像を手にする若手が出現する可能性への、架け橋ができたのです。


●映画『スターウォーズシリーズ』 ジョージ・ルーカス監督の応援を14年間受けている映画祭
映画『スターウォーズ』のジョージ・ルーカス監督には、
1999年の映画祭設立当初より本映画祭を応援して頂いております。
他にも、マーティン・スコセッシ監督や、香港のジョニー・トー監督、
『ロスト・イン・トランスレーション』のソフィア・コッポラ監督、
幻想的な世界感がハリウッドをも魅了するウォン・カーウァイ監督、
『ラン・ローラ・ラン』などのヒット作を産出すドイツのトム・ティクヴァ監督、
ジョージ・クルーニー主演『マイレージ・マイライフ』のジェイソン・ライトマン監督
など、毎年数多くの著名人から温かい応援メッセージを頂き、
映画祭もより一層の盛り上がりを見せています。



【デジタルハリウッドについて(www.dhw.co.jp)】

1994年、日本初の実践的産学協同のクリエイター養成スクールを設立。
現在、東京(御茶ノ水)、渋谷、大阪、福岡で4校の専門スクールと、eラー
ニングによる通信講座(オンラインスクール)を展開、設立以来、約5万人
以上の卒業生を輩出。
設立10周年を迎えた2004年4月、日本初、株式会社によるIT・コンテンツ
分野の高度人材育成機関「デジタルハリウッド大学院(専門職)」、2005年
4月には、ITビジネス×クリエイティブ×英語&留学を学ぶ「デジタルハリ
ウッド大学」を開学。
デジタルコンテンツ業界の人材育成と、産業インキュベーションに力を注ぐ。
2014年10月に設立20周年を迎える。

「DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 」は、専門スクール、四年制大学、大学院、
オンラインスクールのデジタルハリウッド全ての教育機関のアウトプット作品
より、CG、映像、Web、グラフィックなどのクリエイティブ部門に特化し、
それらの作品約1,000点の中から、今年度のグランプリを発表・表彰するデジ
タルハリウッド年間最大のイベントです。
DFの過去の入賞作品には、全30カ国の映画祭・コンテストで上映、「東京国
際映画祭」では特別賞受賞、DVDシリーズの売り上げが50万枚を突破した
『スキージャンプ・ペア』をはじめ、デジタルコンテンツグランプリで
「金の翼」賞を受賞した『brestTV お笑いチャンネル』『かめのナアシャ』、
また、世界最大のCGカンファレンスSIGGRAPH(シーグラフ)のElectricTheater
で上映された『近未来ロボヘルパー』など、国内外で飛躍を遂げるクリエイター
や作品が多数誕生しています。




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング