カーシェアリング市場ーモデル別(P2P、ステーションベース、フローティング)、ビジネスモデル別、アプリケーション別、アプリケーション別、業界別、地域展望別、価格動向、と予測2019-2029年

PR TIMES / 2020年10月23日 8時45分



[画像: https://prtimes.jp/i/59861/466/resize/d59861-466-760453-0.jpg ]


Kenneth Researchは調査レポート「カーシェアリング市場:世界的な需要の分析及び機会展望2029年」2020年10月 22日 に発刊しました。レポートは、モデル別(P2P、ステーションベース、フローティング)、ビジネスモデル別(往復、片道)、アプリケーション別(ビジネス、プライベート)、アプリケーション別、業界別、地域展望別によって分割された市場セグメンテーションに関する洞察を示しています。さらに、セグメントはさまざまなサブセグメントに区分され、市場でのパフォーマンスを示す情報で構成されています。市場は、世界中の自動車市場の拡大を背景に成長すると予想されています。国際自動車メーカー協会の統計によると、2010-2019年の期間の車両の総売上高の増加は、1600万米ドルに達しました。都市化と可処分所得の増加は、予測期間中の市場の成長をサポートするいくつかの要因です。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/car-sharing-market/10335685

カーシェアリングとは、旅行の全部または一部で2人以上が車で一緒に旅行することです。乗客は通常、ドライバーの燃料費に貢献します。カーシェアリングは、組織化されたカーシェアリングスキームを使用して正式なものにすることも、友人や同僚が一緒に仕事をするなど非公式なものにすることもできます。

スマートフォンとインターネットの普及率の向上

ライドシェアリングはインターネット対応のサービスであるため、インターネット接続は、世界のどの地域でもライドシェアリングサービスを利用するための基本的な要件です。ユーザーは、スマートフォンにアプリをダウンロードし、データサービスを使用して、アプリやそれに関連するその他のナビゲーションおよび情報サービスにアクセスする必要があります。インターネット接続は、ナビゲーション、テレマティクス、およびV2V通信にも必要です。国際電気通信連合によると、先進国の人口の約81%がインターネットを使用しています。一方、発展途上国の個人の40%がインターネットにアクセスしており、これらの数は急速に増加しています。

車両所有コストの増加

自家用車の所有コストは、燃料価格の上昇と、金融、保険、および車両登録のコストの増加に伴って増加しています。部品・付属品の修理や人件費などのメンテナンス費用も増加し、車両の全体的な所有コストに追加されています。また、厳格な排出基準の導入に伴い、車両には、より優れた、高度で、コストのかかる後処理装置が必要です。これらの要因により、車両の所有コストが増加し、その結果、ライドシェアリングサービスの人気が高まりました。

厳しいCO2削減目標

US EPAによると、自動車産業は世界の温室効果ガス排出量の約25%を占めています。自動車会社と政府は、CO2排出量を削減するために共同で努力しています。パリの気候変動協定では、各国は2030年までにCO2削減の野心的な目標を設定しています。これらの目標により、産業界や政府は運輸部門からのCO2排出量を削減することが重要になっています。

快適さと安全性に関する高度で安全なソリューションをお客様に提供するために、自動車業界は長年にわたって大きく変化しました。2009年から2019年の間に、自動車生産の著しい成長が観察されました。OICA(国際自動車メーカー協会)によると、自動車と商用車の両方を含む自動車生産は、2009年の61,762,324から2019年の91,786,861に増加しました。2019年にドイツ、日本、米国は、最高の自動車輸出国でした。さらに、世界中のスマートシティや自動車の接続性などの技術の進歩の進展に伴う人口の増加と人々の収入の増加は、カーシェアリング市場の成長に貢献している主要な要因です。この調査は、CO2排出量の増加と自動車業界に関連する厳しい政府規制による、電気自動車に対する成長の見通しとともに、課題、傾向、機会、高まる傾向など、包括的で生産的な計画に焦点を当て、クライアントが全体的な市場シナリオを理解できるよう支援します。

市場における主要企業

• DriveNow GmbH & Co. KG
• ORIX Corporation
• Lyft, Inc.
• Zipcar, Inc
• Modo Co-operative
• Getaround, Inc
• The Hertz Corporation
• Cambio CarSharing
• car2go NA, LLC
• GoGet Carshare
• Uber Technologies, Inc.
• Cityhop

カーシェアリング市場に関するレポートは、地理に基づいて、北米、アジア太平洋、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカの5つの主要地域にさらに分割されています。

さらに、市場は地域別によってさらに細分化されています。


北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。


レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10335685

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング