デジタルハリウッド・アースプロジェクト、スタート!<第一弾> 地球サミット2012 Japan × デジタルハリウッド ~未来の地球のためにデジタルコミュニケーションを駆使してアクション

PR TIMES / 2012年5月17日 16時20分



 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッドでは、持続可能な社会の構築に貢献する「地球サミット2012 Japan」の理念と活動内容に賛同し、このたび『地球サミット×デジタルハリウッド』としてコラボレーションし、デジタルコミュニケーションで地球が抱える課題を解決し、持続可能な地球の未来のためにアプローチをおこなうプロジェクトを始動することとなりました。

 今回の『地球サミット×デジタルハリウッド』のプロジェクトは、【デジタルハリウッド・アースプロジェクト】の第一弾として取り組んでまいります。

 第二弾として、俳優の伊勢谷友介氏が代表を務め、未来における生活を新たなビジネスモデルとともに創造していくプロジェクト「リバースプロジェクト」とのコラボレーションを予定しております(今夏以降を予定)。

 未来の地球のために、クリエイターとして出来ることを共に考え、デジタルコミュニケーションを駆使してアクションするプロジェクトが、【デジタルハリウッド・アースプロジェクト】です。

 そして、第一弾『地球サミット×デジタルハリウッド』プロジェクトのキックオフイベントを、5月25日(金)20時より開催いたします。

 放送作家であり、地球サミット2012 Japan副代表を務める谷崎テトラ氏他をお招きし、地球サミットの活動内容、目的、今回のプロジェクトの概要についてお話いただきます。
 
 

【デジタルハリウッド・アースプロジェクトについて】

文明とテクノロジーの急速な進歩の裏で、地球は環境・貧困などをはじめと
する様々な課題を抱えており、現在の日本人の暮らし方を世界中の人々が
行うと仮定すると、地球があと2.5個分必要といわれています。
このままでは未来に地球を残すことができない状況の中、この問題は、
多くの方に理解され、行動を促すレベルまでまだ到達しておりません。

未来に地球を生き残らせるためには、国や政府というレベルを超えて、
私たち一人ひとりが、地球で起きている様々な課題を理解し、地球市民
という視点で責任と行動を果たすことが求められています。

未来を創る人材を育成するデジタルハリウッドは、
“デジタルコミュニケーション”こそ、未来の地球のために果たすことの
できる役割があると考えております。

このたび、持続可能な社会の構築に貢献する「地球サミット2012 Japan」と、
俳優の伊勢谷友介氏が代表を務め、未来における生活を新たなビジネスモデ
ルとともに創造していくプロジェクト「リバースプロジェクト」とコラボ
レーションをし、未来の地球のためにクリエイターができることを共に考え、
アクションするプロジェクトを発足しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング