IoT機器の設計を加速させるNFC開発キットを発表

PR TIMES / 2014年2月18日 10時9分

画期的なダイナミックNFC / RFIDタグの量産を開始



STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、Embedded World 2014
において、ダイナミックNFCタグ M24SRを採用した機器開発を簡略化する開発
キットを発表する予定です。M24SRは、各種メモリ容量ならびにパッケージで
現在量産中です。IoT(Internet of Things:モノのインターネット)機器の設計
を加速するM24SR開発キットには、スポーツウォッチ、スピーカ、洗濯機、
水道メータまで、さまざまな電子機器にNFC機能を追加する際に必要なあらゆる
機能が実装されています。

STのNFCポートフォリオを拡張するM24SRは、業界標準のシリアル・バス(I2C)
と非接触RF(NFCフォーラムが定めるタグType )インタフェースを組み合わせて
います。また、NFCデータ交換フォーマット(NDEF)と、128bitパスワード保護
がサポートされています。M24SRは、各種EEPROM容量(2Kbit~64Kbit)および
3種類のパッケージ(SO8、TSSOP8、UFDFPN8)で提供されています。

ネットワーク対応のコンスーマ機器、生活家電、産業機器等の開発を活性化する
M24SR開発キットにより、タップ・アンド・ペア、URL接続、SMS・メール送信、
名刺ダウンロードといったNFCの利用ケースを理解することができます。この
開発キットには、ダイナミックNFC / RFIDタグ(M24SR64-Y)、STM32F1マイコン、
13.56MHzアンテナ、LCDカラースクリーン、USBコネクタ、JTAGコネクタ、
メニュー選択用のジョイスティックが付属しています。また、プレミアム版には、
オーディオ出力とヘッドセットが付属するBluetoothモジュールが追加されて
おり、スマートフォンとオーディオ機器をM24SRでBluetoothペアリングする
利便性を実証しています。

M24SRの包括的な開発エコシステムには、開発キットに加え、アンテナの
リファレンス設計、アプリケーション・ノート、e2eコミュニティ、
eDesignSuite、リファレンス用MCUドライバ、NFC Androidアプリも含まれて
います。

Embedded World 2014のSTブース(Hall 4-160)では、限定数のM24SR 開発
キットを無償配布する予定です。開発キットの無償配布をご希望の場合は、
以下URLから事前登録が必要です。
http://www.st.com/web/jp/support/m24sr_ew14_registration.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング