「2015年卒マイナビ学生就職モニター調査 2月の活動状況」を発表

PR TIMES / 2014年3月12日 11時45分

~ 1次面接を経験した学生が6割以上、前年よりも速いペースで初期選考進む。就活生が企業セミナーで聞きたかったのは「社風・社内の雰囲気」「具体的な仕事内容」「入社後の待遇」 ~



株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2015年卒業予定の学生を対象とした「2015年卒マイナビ学生就職モニター調査 2月の活動状況」の結果を発表しました。
なお、2015年卒学生を対象とした「マイナビ学生就職モニター調査」は、今回が3回目の発表となります。概要は以下の通りです。

【TOPICS】
2月に入り、学生の活動も本格化してきた。活動の中心において中小企業に目を向ける学生の割合が12月から徐々に増えてきている。個別企業セミナーへの参加割合と参加社数はともに前年同月をやや下回った一方で、エントリーシートの通過社数や選考を受けた社数は前年同月比で増加しており、例年よりも前倒しで初期選考へ移っていることが分かる。活動内容もエントリーシート対策が前年同月よりも減少し、代わりに筆記試験や面接対策を進める動きが見受けられる。個別企業セミナーでは先輩社員から具体的な仕事の内容や体験が聞けたり、社風が感じられたりする内容を求める声が多いことから、学生の満足度を高めたい企業は、今後の選考においても先輩社員との接触機会を設ける必要がありそうだ。


<調査結果の概要>
■ 2月は引き続き前倒しで進捗し、1次面接を受けた学生は6割以上
2月の活動状況は前年同月よりもやや前倒しで進捗しているようだ。「個別企業セミナーに実際に参加した」や「企業からエントリーシートを取り寄せた」などの序盤の活動では前年同月よりも割合を下げたが、「人事担当者と会った」「1次面接を受けた」「最終面接を受けた」などの中盤以降の活動は前年同月よりも回答割合が増えており、企業との接触や選考に進んでいる学生が多いことが分かる。「企業にエントリーシートが通過した」が同年前月比24.4pt増の69.6%、「1次面接を受けた」が同年前月比27.5pt増の61.3%と急激に増えており、早くも本格的な選考のピークに入り始めているようだ。


■ 前年同月よりも速いペースで初期選考が進む
活動状況に比例して、「エントリーシートを提出した社数」が前年同月比0.1社増の5.9社、「エントリーシートが通過した社数」が前年同月比0.3社増の2.7社、「選考を受けた社数」が前年同月比0.2社増の2.7社と、前倒しで進んでいる企業との接触が選考フェーズに移り、初期選考の活動量が早くも増えてきている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング