STM32マイコンを採用する製品開発を簡略化・迅速化し、より利用しやすくする新しいソフトウェアを発表

PR TIMES / 2014年2月24日 10時25分

ツール、ミドルウェア、ハードウェア抽象化レイヤを含む強力なSTM32Cube(TM)ソフトウェア・プラットフォームで、イノベーションへの注力を実現



多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーで、ARM(R)
Cortex(R)-Mベースのマイクロコントローラ(マイコン)の主要サプライヤで
あるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、32bitマイコン・
ファミリ STM32向けに、強力な無償設計ツールならびにソフトウェアである
STM32Cube(TM)を発表しました。顧客のプロジェクト開発を簡略化・迅速化する
この新しい開発プラットフォームは、革新的な電子機器設計者向けの
STM32ファミリの主導的地位をさらに強化します。

新しい開発プラットフォームSTM32Cube(TM)は、STM32CubeMXグラフィカル・
コンフィギュレータと初期化Cコード・ジェネレータで構成されており、ユーザ
向けの1ステップずつのガイダンスに加え、複数ソースからのソフトウェア統合
を軽減する多彩な内蔵ソフトウェアを提供します。STM32Cubeには、STM32
マイコン間でのポーティングを簡略化する新しいハードウェア抽象化レイヤ
(HAL)が含まれています。このプラットフォームは、STM32マイコン上でアプリ
ケーションを開発するために必要なあらゆる汎用ソフトウェアを1つのパッケー
ジにまとめることで、個別ソフトウェア間の依存関係の評価という複雑なタスク
を不要にします。また、STM32Cubeは、何百もの豊富な使用例を提供し、最新版
ソフトウェアへのアクセスを迅速化・効率化する更新メカニズムも提供します。

STのマイクロコントローラ事業部 ジェネラル・マネージャであるMichel Buffa
は、次の様にコメントしています。「STM32Cubeにより、エンジニアは、360品種
以上の32bitマイコンで構成されるSTM32ファミリを最大限活用することができま
す。STM32ファミリの製品は、ハードウェアならびにソフトウェア互換性を保ち
ながら、幅広いパフォーマンス、パワー、機能を提供します。本日、当社は、
グラフィカル構成ツールと共に、高性能なSTM32 F4に対応するミドルウェアと
HALを発表しました。2014年にはさらなるリリースを展開し、すべてのSTM32
マイコン・シリーズにサポートを拡大していく予定です。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング