松任谷由実、苗場で初披露の新曲「恋をリリース」とLIVE DVD&Blu-ray3/14同時リリース!10月には帝国劇場に初登場!

PR TIMES / 2012年2月6日 13時0分



1981年よりスタートし、今年32回目を迎えた松任谷由実「SURF&SNOW in Naeba」が開催中です。女性ソロシンガーが同一の場所で行うライブとしては前人未到の記録を更新中であり、今年7月にはデビュー40周年という記念すべきアニバーサリーイヤーを迎えるYumingの活動の第一弾となる本公演のテーマは“客船”。

今年は2000年以来のセンターステージで、会場全体が、まさに豪華客船のボールルームのよう。 数々のLIVEでセンターステージを行ってきたユーミンですが、1994年の苗場が自身のキャリア最初のセンターステージ。波の音や汽笛が会場に流れ始めユーミンが登場すると外の寒さとは対象に会場全体の温度は急上昇。セットリストには海にまつわるユーミンの楽曲も披露され、雪の苗場を大海原への航海へと導き 「雪に閉ざされた世界を、海にたとえてみました」と今回のテーマを語るユーミン。

さらに苗場では初の試みとして、カバー曲を披露、ピアノ弾き語りで自身のルーツとも言える「Pilgrim’s Progress」、「青い影」を熱唱。 LIVE後半には、2012年3月14日に発売されるニューシングル「恋をリリース」(東海テレビ/フジテレビ系全国放送 昼ドラ「鈴子の恋」主題歌)を本邦初披露!ピンクのスパンコールの衣装に身を包み軽快なステップを踏みながら歌う姿は、まさに“ソウルシスターユーミン”。会場全体がダンスフロアさながらの熱気に包まれました。
約2年ぶり通算41枚目となるニューシングル「恋をリリース」は、脚本:大石静、主題歌:松任谷由実、出演:浅野ゆう子・片岡鶴太郎と今までの昼ドラのイメージに革命を起こす豪華キャストで話題の昼ドラ「鈴子の恋」(1/5スタート)の主題歌として現在OA中。ミヤコ蝶々の生涯を描いたこのドラマにユーミンが書き下ろした新曲は、モータウンサウンドを彷彿させる元気で明るいサウンドとメロディーに前向きなメッセージが込められた歌詞、現在の日本に勇気を与えてくれそうです。
「SURF&SNOW in Naeba」では、今年も、セットリストは2バージョンを用意、恒例のリクエストコーナー有りという豪華な内容になっています。

なお、昨年開催したコンサートツアー「YUMI MATSUTOYA CONCERT TOUR 2011 Road Show」が映像作品として久しぶりに発売が決定!あの感動のショーが自宅で蘇ります。映像作品は2008年3月発売の「YUMING SPECTACLE SHANGRILA III」以来約4年ぶりのリリースです。ご期待ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング