対象物や人間の活動を記録するSen.seの「Mother」に加速度センサを提供

PR TIMES / 2014年2月25日 10時2分

受賞歴のあるIoT(Internet-of-Things)アプリケーション(1)がクラス最高の加速度センサを採用



多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーで、コンスーマ・
携帯型機器向けを含むMEMS(Micro-Electro-Mechanical Systems)センサの
トップ・サプライヤ(2)であるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE: STM、以下ST)
は、IoT(Internet-of-Things: モノのインターネット)向けのネットワーク
接続型スマート機器の開発を行うSen.seの革新的な製品であるMotherおよび
Motion Cookiesに、モーション検知用として、STの加速度センサが搭載された
ことを発表しました。

ユーザーに配慮し、適応能力が高く、プログラム可能なSen.seの「Mother」は、
さまざまな対象物を簡単にスマートな検出機器に変えることができます。
Motherは、Motion Cookiesと呼ばれる24個の小型ネットワーク接続型センサの
親機です。Motion Cookiesは日常生活に溶け込み、穏やかで健康的、そして快適
な生活を実現します。

Motion Cookiesは、成長するMotherファミリの最初の重要な構成要素で、搭載さ
れているSTの超低消費電力かつ高性能な小型加速度センサLIS3DHが対象物の動きの
検出や解析を行い、そのデータをMotherに送信します。小型で表面が滑らかな
Motion Cookiesは、ほぼ全ての対象物に取り付けることが可能で、STの加速度
センサのスマートな内蔵機能と高度な省電力機能を活用しています。これにより、
超低消費電力なSen.seのMotion Cookiesは、Motherから離脱している場合も10日
間分に相当するデータを格納することができます。また、バッテリ寿命は1年間、
さまざまな場所へ持ち運んで使用した場合でも数ヶ月におよびます。

MEMSのワンストップ・サプライヤ(3)であるSTは、広く普及しているスマート・
コンスーマ機器において、モーション検知によるユーザー・インタフェースを
可能にするMEMSセンサを提供しており、モバイル機器用の全ての主要オペレー
ティング・システムで主導的地位を確立しています。

Sen.seの最高経営責任者(CEO)であるRafi Haladjianは、次の様にコメントし
ています。「この次世代の多目的スマート・センサは、当社が新たなデジタル・
サービスと新製品を容易に企画し、試作・製造までつなげたことで、どのように
従来の産業領域を広げることができたのかを実証しています。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング