大好評の「Japanese Restaurant Week」第5弾はSG、バンコクに続き、初開催の台湾!  日本の食文化を通じ、訪日観光客を創出

PR TIMES / 2014年11月26日 12時51分

飲食店情報サイト「ぐるなび(http://www.gnavi.co.jp/)」を運営する株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、「Japanese Restaurant Week」を、2014年12月4日(木)~12月21日(日)の期間に台湾にて開催します。



「Japanese Restaurant Week」は「日本で本場の和食を体験しよう!」をコンセプトに、 シンガポールで2013年9月(57店参加)、2013年12月(80店参加)、 2014年10月(110店参加)、バンコクで2013年9月(31店舗参加)とこれまでに4回開催された訪日促進イベントです。台湾では初開催となる本イベントでは、台北市の飲食店を中心に117店舗が参加し、過去最大規模となります。

他の国や地域と比較し日本料理店の店舗数が多く台湾流にアレンジされた「日式料理」と呼ばれる日本料理店の人気が高い台湾において、本イベントでは日式料理の源流である日本の食文化を伝えることで日本の食文化の認知促進を図ります。親日家が多いと言われる台湾で、さらなる訪日意欲の醸成を目指します。お得情報が好まれる台湾では、日本航空株式会社の協力による「JALで行く台湾-日本往復航空券(2組4名)」や、「ずわい蟹 1杯(5名)」、日本の福袋として様々な景品を詰め合わせた「LUCKY BAG(10名)」などが当たるプレゼントキャンペーンの実施を全面に打ち出し、本イベントの訴求を高めます。キャンペーン参加飲食店にて食事をしたユーザーは、飲食店からLUCKY DRAWカードが配布され、LUCKY DRAWカードに印字されたシリアルNoを使って、スマートフォンサイトからLUCKY DRAWにチャレンジでき、その場ですぐに当選がわかります。

台湾での初開催を記念し「Japanese Restaurant Week オープニングイベント」を2014年12月4日 12時よりSOGO 台北復興館11F「和食えん」にて開催いたします。日本の冬の味覚ブリを使った握り寿司を来店のお客様に無料で振る舞い、本イベントを強くアピールします。

ぐるなびでは、これまでに海外での日本ファンづくりを目的に訪日外国人に人気の高い「食」をテーマにさまざまな訪日インバウンド施策を行っています。 2013年4月には食情報を中心に日本の魅力を伝える現地語サイト「Japan Trend Ranking」のシンガポール版をスタートし、ロサンゼルス版、タイ版と展開し、2014年8月にフランス、香港とともに台湾版を開設しました。「Japan Trend Ranking」と同様に 「Japanese Restaurant Week」でも、日本の魅力を伝え、台湾現地での日本の食文化の実体験を通じ、台湾における訪日意欲の醸成と訪日観光客の拡大を図ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング